FC2ブログ

BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

20180718 新幹線16両編成デビュー記念運転会

2018年7月18日

DSCF3341.jpg
東海道山陽新幹線16両編成。
思い出と現在の新幹線をNゲージで入手。そして走行させられる環境は…一番近くにあるのは、ポポンデッタwith東海道線ギャラリーしかない。ケースを7ケース持って行きました。
早速3・4番線を借りて、運転を実施。
走行させたのは、0系R61編成(6両)、100系X編成、300系J編成、N700系Z1編成の4編成。
そして、在来線組(ここには映ってないけど)はSERとユーロライナー、その他諸々…。

DSCF3372.jpg
100系ひかりの通過シーンなんて、もう感動(´Д⊂ヽ
…実際には、動力車2両のうち1両が足枷でそこまで速度を出せてなかったんだよな…後に1両をトレーラーにし、1M15T状態にしましたが。
300系も2M14Tのため、動力に心配があったため、そこまで速度を上げて走行させれなかったんだな…。

DSCF3392.jpg
最初に入手した新幹線16両であるN700系。
実に癖のすごいやつで、連結に時間がかかること…そもそも個体のせいなのか、上手く連結しきれてなかったのか、終始脱線してまして…。KATO公式を後日調べたら、N700系の全周幌を忠実に再現・車体傾斜を実現させるべく登場した意欲作のようで…連結の解説は…普通に自身で分かる程度のものでした…。こいつを走らす際には、本当に時間を長く見積もらなければいけません。ただ、調子を崩し気味なんだよな…。


走行シーンは動画よりどうぞ。

そんなこんなで2時間…3番線は1時間のみ、4番線及び5番線を2時間。在来線を同時に走行させつつ。
そして、こんなバイナウ案件にであい…。
DSCF3421.jpg
長年探していた、255系房総ビューエクスプレス。
プラレールでは再燃する前の時期で最後に入手した車両であり、2004年頃のプラレールの日限定復刻盤で発売されたときには、2000年の371系あさぎりの時と同様に狂喜乱舞して買った車両でもありました。その後、実車の動画を見たら…
当初の東芝製GTO-VVVFインバータ(現在で日立製IGBT-VVVFに換装済)の奏でる発車・加速時の音に惚れ込んでしまいました。新幹線300系やJR東海373系、JR西日本207系・281系で採用されている東芝製GTO-VVVFとはまた違った音、このスタイリングと言い…かっこいい在来線特急の代表でした。
15分のお試し走行だけですが、しっかりその走りを満喫しました。

DSCF3412.jpg
後は、装飾後に走行することがなかった281系…ホビーセンターKATO東京店のレイアウトで走行させてはいましたが、ちゃんとした写真・動画がなく、この15分に時間を割いて走行させました。
『姫キュアトレイン281』いい感じでした。


動画できっちり走行シーンを。
今回の新幹線3編成を持って『ほしぞら高原鉄道 新幹線事業管理局』発足としてます。0系R61編成はそれまで所有していた本部から転属、編成が整っていない初期の新幹線車両は本部持ち…実質上保留車のままです。

スポンサーサイト

PageTop

実車の既視感は、模型では壮大

鉄道模型を始めたころからずっと、新幹線フル編成は夢のまた夢でした。
TOMIXのベーシックセットSD300から入門以来…それが無理だと分かっていても。
DSCF3491_20180815020404e74.jpg
初心者向きのセットに入っている車両は3両編成が相場。前期型とかの300系はパンタカバーが曲者。隣の車両にも取り付けられているのが相場なのだが、3両とかはそうはいかない。
実質、プラレールの編成といっていいだろう。
通常製品として売られていた7両編成は、単品販売の中間車及び増結セットの購入を必要として16両が可能になっていた。しかし、ケーブルがむき出しになるというおまけ付きでしたが。

DSCF3489.jpg
当時より思い入れのあったのは100系。3両セットと7両セットに増結用車両が売られた。救いなのは、形だけでも16両編成になること。当時は形式代用は当たり前なので、125形の派生2車両(500番台及び700番台)は普通の125形で代用と言う形。走らせれば違和感なしという具合であった。


動画は2014年12月10日、ポポンデッタビブレ横浜店で100系及び300系の7両編成のセットを運転させた際の映像です。当時はレンタルレイアウトと言うものが都会にしかなく、走行環境的にも新幹線フル16連は夢のまた夢、7連がぴったりだった。

自体は一気に加速する。
きっかけは2018年7月4日。ポポンデッタwith東海道線ギャラリー…静岡駅ビル『パルシェ』に出来たポポンデッタで、YouTubeで知り合った方と運転会をした時だ。
自分は、新幹線とすれ違わせるのは新幹線…つまり在来線を隣の線路において走行させるのを良しと出来なかった人間。そこで、手持ちの中間車両を7両編成に増結し、出来る限りの10両編成を組成。これでの共演をしたのである。

その方…南国総合車両センターシフォンセンター長さんの車両はいずれも16両。見劣りがどうしてもしてしまいました。そして、長らく夢であった16両編成実現へと動き出してしまいました。

つづきを表示

PageTop

東京リベンジ戦(最終回)

DSCF2318.jpg
東京駅到着後、新幹線の切符を買い、母と妹と合流…の前に

何やら東海道線ホームに臨時列車が来るという案内表示が。
それに釣られて、ひょこひょこと上がってきて、列車の到着を待ちます。
臨時快速『ぶらり横浜・鎌倉』日立行 7連
…まさか!?
DSCF2319.jpg
651系だ―!!!
7連とはいえ、現役で走っている姿を見るのは初めて。めちゃくちゃ興奮しました。

DSCF2320.jpg
東條から20年以上というのを感じさせないタキシードボディ

DSCF2321.jpg
『臨時』の文字。

DSCF2323.jpg
自分の世代では『スーパーひたち』である。上野東京ライン開業に伴う品川直通により、スーパーひたち及びフレッシュひたちは、『ひたち』と『ときわ』となった。常磐線を見続けてきた車両であるこの651系には、まだまだ活躍してほしいもの。

発車シーンを動画でどうぞ。

DSCF2325.jpg
ちょうど常磐線特急E657系の品川行が。

これで満足した自分は新幹線ホームへ。

つづきを表示

PageTop

東京リベンジ戦(5)

DSCF2295.jpg
次に訪ねたひばりヶ丘駅…慌てすぎて押したときの写真を撮るのを忘れました。
それにしても誰だよ、スタンプ台の顔にスタンプ押しまくったのは<(`^´)>

次の電車に乗るべく、ひばりヶ丘駅で待ってたら…回送列車が到着。
DSCF2297.jpg
DSCF2298.jpg
DSCF2299.jpg
DSCF2302.jpg
20000系銀河鉄道999号(20058F)でした。

DSCF2300.jpg
上り各停飯能行が到着してました。

DSCF2304.jpg
そして次に乗る準急池袋行が到着。これで最後のスタンプ設置駅へ向かいます。

つづきを表示

PageTop

東京リベンジ戦(4)

DSCF2262.jpg
西武遊園地駅で乗り換える、西武山口線『レオライナー』
本当に遊園地のアトラクションのような乗り物でした。これで西武球場前まで向かいます。

DSCF2264.jpg
メットライフドーム(西武球場)。6月9日と10日、Aqoursの埼玉公演が行われてたんですな。この日は埼玉西武ライオンズの試合が行われていたようです。

DSCF2265.jpg
この場所に再び。
西武球場前駅改札内にあったスタンディとスタンプ。高海千歌ちゃんがしいたけらしい犬(…大きさ的に子供か??)を抱いてます。

DSCF2267.jpg
スタンプを押していきます。

DSCF2268.jpg
西武球場前と国分寺がなかなか行きづらい場所でしたねぇ…。
その後、狭山線西所沢行電車へ乗り、池袋線との乗換駅である西所沢駅へ行き…ふと何を思いついたのか、池袋行きではなく、飯能行に飛び乗る。もしかしたら、小手指車両基地にラッピング車いるんじゃないかとでも思ったんだろう。
その小手指にいたのは、この後にイベントなのだろうか、アイリッシュセブンか何かのラッピングを纏った40000系とかだったと思う。お目当てはいないので、少なくとも西武線を走っていることは確定。

そのうちに、降りたのは入間市駅。西武鉄道の特急列車の上りが飯能発車後、次に停車する駅です。
流石にここで折り返さなければ間に合わなくなると、慌てて上りホームへ。その時、上り特急列車の入線案内放送が流れ、階段を降り、ホームに差し掛かった時、特急ちちぶ30号池袋行きが入ってきたのだが…
えええええええええええええええ!?Σ( ̄□ ̄|||)
(NTV系『世界の果てまでイッテQ』のお祭り男…宮川大輔さんが祭りの正体を目にした時の衝撃の表情)

つづきを表示

PageTop