FC2ブログ

BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

遅ればせ、動画公開のお知らせ

番外編投稿から1年以上経過…撮影は済ませておきながら、なかなか製作せずにいた、BlueRailStory#21及び#22を、鉄道の日を前に投稿…1ヶ月前やん。23話以降は台本すらできていないというね…。
この話で撤去されたスーパーレールは、23話以降、別場所で線路を敷かれて復活します(予定)。
施設面でも、プリキュア関連の食玩ドールハウスを用いるなどして施設を作る予定です。後は、もう少し突拍子もない話を仕込んでいたいかな…。

BlueRailStory#21『変わる鉄道公園』前編


BlueRailStory#22『変わる鉄道公園』後編
顔つき車両としては初めて、ドラえもん号を出演させました。何気に前世時からの生き残りでもあり、この鉄道の長老…EF66-15と引けを取らないほど長寿車両です。一度も手元を離れた事がない点では、こっちが"最長老"ですが、その辺は置いておきます。

23話以降なんですが、700系新幹線引退惜別動画とか、プリキュア扮する乗務員キャラの同僚話とか、いろいろ考えていますが…。まず台本なりを組まないとねぇ…。

スポンサーサイト



PageTop

久々に投稿

最後の投稿から1年以上経過してましたのね…。

台本を書きかけで使用画像の撮影を行い、ずっと放置していた番外編…ちゃんと台本を書いて、音声合成ソフトで声を出して…ちゃんと形にして公開しました。最後には詫びの文面を入れてあります。

『プラレール物語』シリーズとして公開しているこの類の動画、自分のYouTubeチャンネルでの人気動画っぽくて、出して早々に様々な反応がありました。既に忘れ去られていると思っていただけに、有難いものです。
現状中途半端な状態なので、ちゃんとした形で区切りをつけたいと思います。現在の計画では25話を最終回としています。それでも中途半端さは否めませんが…。常設で撮影できる場所もないため、なかなか厳しいものではありますが…。
とりあえず、ぼちぼち製作していく予定です。

PageTop

BlueRailStory番外編を投稿


2017年鉄道の日記念動画…動画自体にそれは記述してませんが。動画自体は10月14日に投稿しましたが、記事は書かなかったですねぇ。
簡単に言えば、カプセルプラレールとのコラボです。
ニコニコ動画で、カプセルプラレールを用いた物語の動画が投稿されているのですが、あるきっかけで見たらドはまり。一部特定の回だけですが、時々見ています。
そして、自分でしっかり手にして思った…カプセルプラレールとて、結構侮れない。小さいなりにデフォルメされてて、実車の特徴もしっかりつかんでいる。まぁ、レールによって走ったり走らなかったりというところがあるのが難点だけど…。

PageTop

ようやく完結




 姉妹作品として投稿していた『ひばりヶ丘鉄道の一日』ですが、一応のピリオド…7話まで投稿しました。
 思えば…ある誰かに持ち掛けられたコラボの話が話の発端。しかし、その誰かは最初の話だけ出してトンズラこいて、こっちの話まで影響を受ける…。リセットすればいいものを、その誰かの作品の世界観をコピー・・・自身で世界観を再現して、設定したのが『ひばりヶ丘鉄道』であり、動画『ひばりヶ丘鉄道の一日』も、そこから始まったのだ。
 結局、トンズラしていた誰かは、こちらが1話を出したら急に表れて駄々こねて…また台本やらをいろいろ見直し。コラボの話へ戻して…となったものの、またしても、その誰かは逃げた…。
 その後、お話は全て差戻し、ひばりヶ丘鉄道とあおぞら銀河鉄道で完結する形でのお話へと作り直し…。
 今後、『ひばりヶ丘鉄道』は、BlueRailStoryの中に登場してきます。単独で『ひばりヶ丘鉄道の一日』として投稿されるとしたら、番外編みたいな話としてだろうと思う。
 今のところの感想は『やりきった』の一言。いろいろあったなぁ…。

つづきを表示

PageTop

嘗て公開していた動画を公開






2016年5月頃から7月25日ごろまで公開していた、現在の内容に変わる前の『ひばりヶ丘鉄道の一日』動画を再公開します。
『光ヶ丘鉄道の一日』の代替作品として登場させたのち、乗り入れ会社としての設定に変更…その後、7月下旬に元々の構想に戻った形へ…半ば黒歴史として刻まれているものですが、そんな時期もあったわねー ということで。



しかし、BlueRailStory#16.56及び#16.86『彷徨いの機関車C56』に至っては、7月7日及び8日に公開しており、26日ごろには非公開化…2週間くらいしか公開していなかったんですね。
しかし、黒歴史となった、あのコラボ続いていたら…ここからどうなったのだろうか、今となっては見当が付きません。

そして… 当のコラボ相手が公開されていた当時に書き込んでいたコメント
白雪P C56を荒い扱い方をしてすいませんでした‼︎
きらら 本当それね
あかり ひばりヶ丘のC56もやばいかもですね...
>>赤雪P『失礼な! ちゃんと入念に整備して、ずっと丁重に扱ってきたわ。経年劣化とかはいざ知らず、今まで故障一つなく走っているんです。少なくとも、ヤバくはないですから』
…設定上、C56を在籍させている関連で、台詞の中にも出て来てました。コラボが続いていたとしても、遅かれ早かれ、ひばりヶ丘のC56-77はあおぞら銀河鉄道絢瀬総合車両センターに入場し、検査を受けていたので、状態の差が明白になったと思われます。
そりゃ、伯父から受け継ぐ形でC56を守ってきた赤雪P。元同僚に下手な心配されたくないですよね(笑)

PageTop