BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

初日の出を見るために

例年、寝坊してしまうか何らかの理由で、この行事に参加していませんでした。
『発端丈山で会おう』だか何だか、元旦の早朝より発端丈山に登頂し、初日の出を見るというものです。

話はそれますが年越しの話題から
 今年の年越しは、内浦地区で大きく2箇所で年越しのイベントがあったようです。1つは、あわしまマリンパークの年越し営業。もう1つは、ラブライバーの集まりで西浦木負にある喫茶店『海のコテージ』を借り切って、年越し&ダイヤさん生誕祭(元日1月1日が、Aqoursメンバーの1人、黒澤ダイヤさんの誕生日)という感じで開催されていたようです。
 この流れより、元日の初日の出登山にも参戦するという流れになったのでしょう。海のコテージでの年越しイベントの企画者・幹事さんから、地元の初日の出登山の実行委員の方に事前連絡があったようです。
 自分はAM2:00頃まで自身のホームページ(http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Cassiopeia/2531/)の編集をしていましたが、さすがに眠気に耐えられずに仮眠をとることにして就寝。AM5:00頃に起床。厚着して耐寒装備を整え、水分をリュックの中に入れて集合場所へ。
発端丈山への登山は大きく分けて何個かルートがありますが、一番楽なのが重須ルート。道程はともかく、途中までは車で行けるのです(車で行くルートはだいぶ複雑ですが)。
集合時刻の5時30頃には、地元住民及び登山に参加するラブライバー十数人、大勢が集結。車に分乗して出発。
(この時に気づかなかった。カメラにSDカードが入っていなかったことを!!
 車で行ける場所の終点に到着し、登山開始。山中は猪やら鹿が通ったりなんかしているようで、土が柔らかくなっていたり、自然災害などで気が折れてたりと、相変わらずの悪路ぶりでした。持ち合わせの懐中電灯は電池的に余裕のないありさま(事前確認しなかったのか)。前を歩く人の懐中電灯の光などを目で追いつつ、とりあえず登る。
 6時30分ごろに山頂に到着。既に夜が明け始めているようで、日の出が出る付近ではすでに朝日が出始めていました。山頂に到着した人々は、事前に配られていたカップ麺にお湯を注いで食べたり、実行委員らが入れてくれた珈琲を飲んで暖をとるなど様々。 ラブライバーの方々も同じように富士山を撮影したり、持ってきていた人形などと記念撮影したり、ラブライバー談義をしたりと盛り上がっていました。
 やがて6時40分頃に初日の出が上がり、上っていた全員で万歳三唱。実行委員の方の挨拶もあり、初日の出終了。ラブライバーさんらは参加した全員で記念撮影していましたが、自分は車の関係で一足先に下山。
(カメラにSDカードが入っていないことに消沈し、無知やり携帯で日の出を撮って、Twitterに載せたりしましたが)
 7時40分ごろに帰宅。朝食を食べて一息つけ、洗濯物を干してから地元神社に初詣しました。

 今年はいい年でありますように。

スポンサーサイト

PageTop

同じようで同じじゃない、2つのブルートレイン

ダイソープチ電車シリーズ。
そこには、ブルートレインが2種類出ている。
DSCF5813.jpg
(上)北斗星
(下)富士・はやぶさ
北斗星の客車は24系25形、下は14系15形客車をそれぞれ再現したものと思われる。

DSCF5814.jpg
赤い車体に流れ星を描いた、『北斗星色』EF81-78号機を先頭に、中間に動力車の客車、後尾客車。

DSCF5819.jpg
DSCF5820.jpg
後尾客車は明らかに、北斗星のと違う。推測するなら、ダイソーはトワイライトエクスプレスとして出すつもりだったのだろうか?
それがダメで、急きょ北斗星にしたのだろうか…。

DSCF5815.jpg
ブルートレイン(富士・はやぶさ)
EF66-42を先頭に、14系と思われる白帯客車を連結した編成。

DSCF5822.jpg
100円にしては悪くない作り。

DSCF5824.jpg
編成を組んで並べてみる。

DSCF5828.jpg
10年くらい前、学校へ通うのに静岡まで電車に乗っていた頃、沼津~片浜ですれ違っていた富士・はやぶさ。
それを思い出させてくれる。
ヘッドマーク類は先頭車以外にはないものの、実車の特徴をとらえて出来ている、なかなかのものだと思う。

PageTop

Birthday2016

1年早かったですね。もう誕生日ですわ…
自動車運転免許の更新など、慌ただしく動き回っていました。

思えば今年の夏は、例年以上に地元が熱かったですね。
昨年の紅白にアニメ枠で出場したのを筆頭に、アニメや映画で人気を博している『ラブライブ!』の続編ともなる『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台となった内浦地区は、ラブライバーと呼ばれるファンが聖地巡礼に訪れ、2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』の舞台になった伊豆・三津シーパラダイスを運営する伊豆箱根鉄道は、まず駿豆線の電車を1編成にラッピングし、営業に投入してきました。シーパラダイス館内にも、この装飾が施されたところがあるそうです。

IMG_0960.jpg
事前に運転ダイヤを公表するなど、気合十分なものでした。

そして、子会社である伊豆箱根バスで1台、タクシーでは9台に装飾を施し、7月より投入してきました。
IMG_0893.jpg

DSCF5442_2016083112551962d.jpg
△長岡営業所所属の『松浦果南』装飾車
伊豆箱根タクシーの長岡営業所で5台、沼津営業所で4台が、主要キャラ(Aqours)9人それぞれの装飾を施し、他のタクシーに混じって各地を走り回っています。

カメラを自然に向けてました。
内浦地区を中心に、『正規ルート』である沼津ルート(JR沼津駅~内浦地区,東海バスオレンジシャトル西浦線)でも、東海バスの1台が装飾を施され、同じようにダイヤを公表。沼津駅のバス停も装飾されるなど、今までにない活気が、地元にあふれていたのでした。アニメは7月初旬に放送開始、9月下旬に放送を終了しました。
第2期として続編が放送されるのか、それともこのまま残波に終わるのか、今はまだ分からない。

何を誕生日の記事に書いているのかを、自分でわかってない。ただ主題がいつの間にか『ラブライブ!サンシャイン!!』になっていたという事でしょうか。

PageTop

古の戦いに思いをはせて…長浜城址(後編)

IMG_0759.jpg
『第二曲輪(くるわ)と堀』

IMG_0762.jpg
発掘されたものであろう、当時から残るであろう堀。

IMG_0761.jpg
第一曲輪へつながる階段…もとい櫓(やぐら)。
ここから当時の軍艦である『安宅船』を置いてあったであろう船着き場まで下りる場所がある。

IMG_0764.jpg
櫓を上った先にある、第一曲輪と塀に関する記述のある看板。
長浜城址で最も高いところにある、この第一曲輪。
ここから対岸にあった(敵の居城)三枚橋城を見張り、そして水軍を指揮した場所と言われている。
城主が居住していた建物は、この第一曲輪にあったのだろうか…??

IMG_0763.jpg
対岸となる三津付近を眺める。

つづきを表示

PageTop

古の戦いに思いをはせて…長浜城址(前編)

地元には、国の史跡に認定されている場所があります。
近年、市により発掘調査や地形再現などが行われ、毎年1回には祭りが行われるようになりました。

IMG_0727.jpg
北条水軍の拠点基地でもあった、長浜城址です。
城と言っても、他の城のように天守があったというわけではなし…。
この階段と石碑は、城跡を忠実に再現する事業の一環で建設されたもので、元々はなかったのです。

IMG_0724.jpg
元々の登り口
『弁財天』の祠があり、ここへ参拝する人たちが登っていた道です。そして、当時は面影もあまり見受けられなかった長浜城址を見る際には、この参道を通っていました。

IMG_0725.jpg
今では危険だからと新しい道が作られ、市教育委員会によって閉鎖されていました。

IMG_0726.jpg
トイレや案内板なども近年整備。車でお越しの際には、向かいのマリーナの駐車場に止める。

IMG_0728.jpg
山肌に沿って作られた階段を上る。

IMG_0729.jpg
IMG_0730.jpg
嘗ての参道は草ぼうぼう。

IMG_0731.jpg
最初の階段のてっぺん。

IMG_0732.jpg
今も昔も変わらない漁業ですが、昔はこの近辺にもマグロがいたとは…。

IMG_0733.jpg
まだまだ登り口。

つづきを表示

PageTop