FC2ブログ

BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

イベント限定プラレール云々

IMG_0294.jpg
プラレールつりの景品やらで、普通の形では売られていない。
俗にいう『プラレールオリジナル特急』。このうち写真のボンネットタイプに関しては、れっきとしたモデルがあるようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Aerotrain_(GM)
アメリカのGM社の機関車部門(GM-EMD)が1955年ごろに製造した、ディーゼルHST(HighSpeedTrain)であるAerotrain LWT12という車両らしいのです。
当方もより詳しい方のブログで見て分かったという位で…。
https://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/36348818/
こちらの記事で実車を知った時は驚きました。とはいっても、電気式ディーゼル機関車が12m余りの短い客車が10両程度、そして最後尾は展望車という編成を牽引した機関車列車だったようです。
これを知る前は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が自国で製造した唯一の電車らしい『主体(チュチェ)号』に似てるような似てないような…と。最も、それを参考にしたデザインではないでしょうけど、電車であり、編成両端のデザインが同じという面では、こちらに軍配が…??んなわけないか。
ちなみに主体号に関しては、韓国の鉄道博物館に写真の展示があるようです。
https://05592134.at.webry.info/201002/article_3.html(Express Travel Blog)

そして、そのアメリカのAerotrain LWT-12の実車を見て思ったのは、これの絵を何かの本で見た事があるなぁ…と。
https://ehonsanpo.com/itazurakikanshachoochoo/(絵本さんぽ 様のページ)
『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』という絵本で、古い線路へ迷い込んで動けなくなった“ちゅうちゅう”を迎えに来た最新式の汽車とよく似ていたという…。

IMG_0298.jpg
似ているのは先頭車・後尾車の前頭部分くらいで、後はほぼオリジナルデザインなのでしょう。
そのLWT-12の電気式ディーゼル機関車の先頭部のデザインを流用(あるいは参考に)して、後方部分は客室という形で電車化…みたいなことなのでしょうね。このプラレールオリジナル特急(ボンネットタイプ)に関しては。

スポンサーサイト

PageTop

スーパーレール『クラウス号』修理


BlueRailStory#19『違う鉄路の住民』で取り上げた、嘗てトミー(現タカラトミー)が発売していた鉄道玩具『スーパーレール』を取り上げた。


こっちの方が分かりやすいか。その続編のBlueRailStory#20『峰ヶ崎鉄道公園から』にて、静態保存車両として登場したスーパーレール車両を覚えているだろうか。

DSCF3070.jpg
C型SL、通称『クラウス号』
実は、自分がスーパーレールを目にした際、そのセットの中に入っていた唯一の動力車両がこの機関車だったのである。この謎の多きスーパーレールを持ち帰った自分でしたが…。このクラウス号のみが唯一の動力車。客車とかを牽引させて、時折使用していました。しかし、悲劇は起きてしまいました。
電池金具が折れてしまい、電池を入れて動かすことが出来なくなってしまったのです。自分は何とか分解して、修理する道を模索していましたが、結局は修理不可能と言う結果に。後にD51や0系新幹線を購入し、別に楽しむこととしたのですが…
D51形蒸気機関車は小回りが利かない、逆に0系新幹線は2軸車両だったので小回りは聞いたのですが坂は上らない。セットの線路をフルに走れる車両はいなかったのです。0系に限って言えば、劣化したゴムを取替さえできれば坂を登れるかもしれませんが、代替部品に使えるものの見当がつかずじまいで…。セットの線路をフルに走れる車両はクラウス号しかないと、ヤフオクで中古品がないかを再び探し始めます。0系やD51を購入した当時も、クラウス号やら小回りの利く車両は探していましたが、高値と殺到率により断念せざるを得なかったのでした。D51が比較的手に入りやすかったのは、単に使い勝手の悪い車両だったからなのかもしれません。
そんな中で、待ち望んだ商品がヤフオクに出品されます。
クラウス号2台(1台は一見まとも、もう1台はピストン棒なし。出品者曰く、後者は部品取り車にどうぞ)が格安で出たのです。他に入札者もなし、落札。購入することが出来たのですが…。

DSCF3067.jpg
ビニールをはがして現状を撮ってませんでした。
早速届いたその日に修理を敢行。手持ちの使えないクラウス号を部品取り車にして、車輪及び連結器を後者…部品取りにどうぞと言われた方の車両に移植。
通電されてない期間が長かったらしく、しばらく電池を入れて通電して、車輪をいじるなどしたら、電動で回り始めたのです。

DSCF3068.jpg
まともな方に至っても、仕様の都合で連結器を前後交換(まともな方を後ろに)。
しかし、こっちは一筋縄ではいかず、電池を入れて通電してもモーターが回る気配はありません。分解した状態でモーターから伸びている歯車を直接いじるなどしましたが、動きません。

DSCF3071.jpg
『モーター死んでるな…』
こっちは諦めることに。


DSCF3070.jpg
結局、部品取り車だった方のクラウス号のみ復活という謎な結果に終わることに。

DSCF3069.jpg
この地点では、2台は明暗が分かれることになっていたのですが。


つづきを表示

PageTop

人間の日焼けは何とかなるけど…(3)

DSCF2250.jpg
100系2編成が『日焼けで車体が茶色になった容疑』で『解体の上で水責め』の刑を執行され、漂白剤を洗い流しの後に組み立てられ、運用復帰していった後…

DSCF2254.jpg
次の被執行車両が。
犠牲となるのは、小田急10000形ロマンスカーHiSEの旧型と旧現行型(2005年あたりにVSEに置き換えられ絶版される前まで販売)。どちらも中古車両であり、常々日焼けが気になっていた車体であった。

DSCF2272.jpg
そして、100系1編成の車体を引き上げたのと入れ替わりに、水責めの刑が執行される。
思えば…HiSEに限っては、これ執行しない方がよかった(:_;) と、後々にものすごく後悔するとも知らずにさ…。

つづきを表示

PageTop

人間の日焼けは何とかなるけど…(2)

『日焼けで車体が茶色になった容疑』で『解体の上で水責め』の犠牲者になったのは…』
DSCF2226.jpg
700系C編成の先頭車及び中間車、B編成の先頭車及び後尾車

その後…B編成の先頭車の車体引き上げ後…
IMG_5554.jpg
100系さよなら運転仕様が続けて犠牲となり水没に。

IMG_5555.jpg
IMG_5558.jpg
中古でやってきた車両だったが、いかんせん車両が茶色すぎる…ひどい日焼けでした。

つづきを表示

PageTop

人間の日焼けは何とかなるけど…(1)

hiyake-1.jpghiyake-3.jpg
hiyake-4.jpghiyake-5.jpg
目を覆いたくなる、日焼け。こうなってしまったのは、箱の中…購入時、車両にかぶせてあるビニールにいれず。そのまま部屋の中に置き、知らずのうちに紫外線を長い時間浴びせた結果だと思われる。
300系J55編成はまだ微妙な程だが、日焼けが鮮明になっている700系C編成…。

他にも、日焼けが気になる車両はまだまだいるのだが…。
そんな車両たちは…
カーンカーンカーン(解体)
…の上で…

DSCF2226.jpg
水責めじゃー!!!
…普段は車両たちを入れているケースを水槽代わりに、大量の水と漂白剤を入れて、その中に日焼け車体を沈める。浮かないように、車内に溜まる空気を抜く。そして…紫外線に当てる。
その結果…

つづきを表示

PageTop