FC2ブログ

BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昨年末の記憶から-20171217(1)

全然寝ないまま、十分体を温めて、休むこともないまま、再出撃した早朝。

IMG_5754.jpg
撮影目的なのは、上りサンライズ瀬戸・出雲号東京行を筆頭に、EF65PF牽引の貨物列車です。今となってはEF66-100やEF210などのJR世代の機関車が主役となり、EF66-0番台やEF200、そしてEF65PF牽引の貨物列車は、確実にみられる機会は少ないのです。
写真の多くは動画からの抽出です。見にくいですがご容赦ください。
MVI_5760.jpg
やがて5時27分、長い長い夜の中を駆け抜けてきた寝台特急『サンライズ瀬戸・出雲』285系14連が堂々14連で4番線に入ってきます。この時間はまだ日が昇ってないので、列車的にはまだ夜なのかもしれません。

MVI_5761.jpg
この日、沼津駅4番線に停車したサンライズ瀬戸・出雲のうち、後ろ7両(出雲号)はI1編成だったようです。前夜に常駐基地である出雲の基地を出発。サンライズ出雲号東京行きとなり、岡山まで走行。そこから瀬戸と連結し、東京まで走ってきたのです。日中は東京の車庫で眠り、当夜の下りサンライズ瀬戸号となって、再び東海道線を走ります。
(1日目)出雲市⇒(サンライズ出雲)⇒岡山(サンライズ瀬戸と連結。後ろ7両が出雲)⇒東京
(2日目)東京⇒(サンライズ瀬戸・出雲。前7両が瀬戸)⇒岡山⇒(サンライズ出雲を切り離し。先発)⇒高松or琴平
(3日目)高松⇒(サンライズ瀬戸)⇒岡山(サンライズ出雲と連結。前7両が瀬戸)⇒東京
(4日目)東京⇒(サンライズ瀬戸・出雲。後ろ7両が出雲)⇒岡山⇒(サンライズ瀬戸を切り離し。後発)⇒出雲市
通常だと、出雲として東京へ行った編成は、折り返し列車では瀬戸号となり、高松まで向かう。尚シーズン時などは、琴平まで延長運転を行う。その際には基地まで回送するため、基本的に琴平発ということはないそう。
そして、高松から上り瀬戸号として東京へ向かった編成は、翌夜の折り返しは出雲となる。そうして行路を終えて出雲市に到着後は、回送列車として車両基地へ入区。1編成の1航路は終わる。その日の夜は、前日の出雲として戻ってきた編成に交代…という5編成(JR西日本0番台車3編成、JR東海3000番台2編成)でのローテーションのようだ。
更にシーズンになると、定期列車を追いかける形で『サンライズ出雲91・92号』が運転。その際には285系全5編成がフルで運用される。1編成が故障などで使用不可能となったら…と考えると、臨時の方を運休して定期に充てるのだろう。また、人身事故で当該となってしまった編成は、走行上問題なければ運用されるようで、貫通扉がへこんだ状態で運用されていたということも昨年あったようだ。

MVI_5761 (2)
やがて発車時刻となり、サンライズ瀬戸・出雲は東京へと発って行った。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

昨年末の記憶から-20171216(4)

ほとんど、動画で撮影したものから写真抽出したものです。
沼津駅に戻った自分は、下り普通富士行最終電車やらコンテナ貨物列車を見送り、目的の列車の撮影に備えます。

MVI_5727.jpg
やはり貨物列車は結構な速度で飛ばしていきます。怖いのなんのって…。

IMG_5723.jpg
その目的の列車とは、沼津23:40発車の寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲号 高松・出雲市行です。
JR化より数年のうちに電車化(瀬戸が24系25形客車・出雲2・3号が14系客車⇒285系)され、それによって現在も運転されている、定期では最後の寝台特急です。

つづきを表示

PageTop

昨年末の記憶から-20171216(1)

カテゴリの都合で分割します。
IMG_5662.jpg
用事を思い出して沼津へ。
前を行く伊豆箱根バスを見て、ここで同社のバスで行き先表示に番号表示をし始めた事を知りました。

沼津駅で撮り鉄。そんな中で…
IMG_5664.jpg
4番線にある寝台特急列車…サンライズ瀬戸号の停車位置案内。
以前にTwitterで知りましたが、なかなか見に行けなかった。『瀬戸』のフォントが、客車時代の寝台特急『瀬戸』を模したもののよう。以前のがボロボロになっていたために貼り替えたらしい。シンプルながらも、実にいい感じのものでした。

IMG_5669.jpg
3番線にあるグリーン車の停車位置案内。今でも朝及び夕方から夜にかけて、熱海より先へ直通する列車があります。元を正せば東日本車10両編成で折り返す上野東京ラインの列車や、夜に設定されている『沼津滞泊』の列車(下りで沼津到着後、引き込み線へ引き上げて滞泊、翌早朝に東京方面へ戻る)列車があります。それらの2両はダブルデッカー(グリーン車)なので、こういう表示もあります。これもまた、国鉄フォントのよう。

IMG_5671.jpg
無論、サンライズ出雲の停車位置案内もそう。7号車なので上りの東京行。
『ご乗車いただけません』の案内がない事、そして早朝の上り列車の沼津停車時にアナウンスされることから、恐らく指定の特急券を買えば乗車できるのかもしれない…そんなわけないか。降車の取り扱いをするため、この案内も必要なのかもしれません。

IMG_5680.jpg
211系の並び。同じ3両編成でもSSはスルガシャトル(SurugaShattle)の略で、静岡運転所生え抜きの編成。LL編成は大垣転属組。仕様も微妙に違うらしいのだけど…。

撮るものは撮ったから、自分は場所を移動した。

PageTop

富士の傍らで隠居する新幹線

1999年3月にNHK静岡放送局で放送された番組で新幹線が特集された際に写った、ある0系静態保存車。
当時はまだまだ東海道でも0系が走っていたが、すでに引退近かった。NHK静岡放送局の当時のアナウンサーが新幹線開業当時の運転士であった方とともに訪ねた模様を放送。その映像を見てこの車両の存在を知った。

あれから18年…
これまでも何度か、少ない手がかりを頼りにこの0系のある公園を探した。
しかし、なかなか見つからない(地図で探せよおい)。
ようやく場所を特定し、1月27日にたどり着いたのであった。

IMG_2883.jpg
富士市・新通町公園。
スチームライブ…ミニSLの鉄度が敷かれている公園でもあり、通称『富士ミニSL鉄道園』というようだ

IMG_2884.jpg
うっすらとしか映っていないが、しっかりと整えられた道床に、ミニSLの線路が敷かれている。

IMG_2885.jpg
反対側を見ると、そこには懐かしいお姿が。

IMG_2889.jpg
腕木式信号機?も、本物であろう。その手前がミニSL乗り場…駅であろう。

IMG_2887.jpg
平日で人はまばらだが、おそらく休日には子供たちが遊ぶにぎやかな声が聞こえているだろう。

つづきを表示

PageTop

寝台特急が停まった形跡を探して

http://rifianet.blog94.fc2.com/blog-entry-740.html『仲見世商店街を歩こうかい』の続きです。

DSCF6449.jpg
沼津駅から電車に乗り、10分くらい…

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。