BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

富士の傍らで隠居する新幹線

1999年3月にNHK静岡放送局で放送された番組で新幹線が特集された際に写った、ある0系静態保存車。
当時はまだまだ東海道でも0系が走っていたが、すでに引退近かった。NHK静岡放送局の当時のアナウンサーが新幹線開業当時の運転士であった方とともに訪ねた模様を放送。その映像を見てこの車両の存在を知った。

あれから18年…
これまでも何度か、少ない手がかりを頼りにこの0系のある公園を探した。
しかし、なかなか見つからない(地図で探せよおい)。
ようやく場所を特定し、1月27日にたどり着いたのであった。

IMG_2883.jpg
富士市・新通町公園。
スチームライブ…ミニSLの鉄度が敷かれている公園でもあり、通称『富士ミニSL鉄道園』というようだ

IMG_2884.jpg
うっすらとしか映っていないが、しっかりと整えられた道床に、ミニSLの線路が敷かれている。

IMG_2885.jpg
反対側を見ると、そこには懐かしいお姿が。

IMG_2889.jpg
腕木式信号機?も、本物であろう。その手前がミニSL乗り場…駅であろう。

IMG_2887.jpg
平日で人はまばらだが、おそらく休日には子供たちが遊ぶにぎやかな声が聞こえているだろう。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

寝台特急が停まった形跡を探して

http://rifianet.blog94.fc2.com/blog-entry-740.html『仲見世商店街を歩こうかい』の続きです。

DSCF6449.jpg
沼津駅から電車に乗り、10分くらい…

つづきを表示

PageTop

伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅

IMG_0857.jpg
伊豆長岡駅より。

IMG_0852.jpg
この駅のすぐ近くに踏切があります。

IMG_0853.jpg
[長岡構内踏切]
車も通れる踏切です。1台ずつですが。

IMG_0854.jpg
踏切より長岡駅を見上げると、こんな感じ。
ただ、撮影途中に立ち止まって撮影すると、車が来た時に盛大に邪魔になります。この踏切は狭いです。

IMG_0855.jpg
三島方面を振り向く。
写真左から
駅舎側3番線
島式ホーム2番線
島式ホーム1番線(普段は使用されません)

IMG_0856.jpg
1番線は普段使われませんが、伊豆長岡折り返しの列車が設定される際に使用されます。
7月9日に行われた、『ラブライブ!サンシャイン!!』ラッピングのバス及びタクシーのお披露目会が伊豆長岡駅で行われた際、ラッピング電車(3501F)が1番線で展示されていたそうです。
(自分が行ったわけではなく、他の方のレポート)

IMG_0860.jpg
駅ホームと駅前の歩道を仕切る柵から撮影。
丁度、3505F充当の普通 修善寺行が入線。

IMG_0862.jpg
駅に到着。ステンレス製車体の3000系は、昭和62年製となるこの編成より、ステンレス鋼体となり、従来の3000系とはいろいろ変更が加えられている。

IMG_0863.jpg
対向相手となる、1300系充当の普通 三島行が3番線に入線。

IMG_0864.jpg
1300系の三島行が発車。

IMG_0865.jpg
昔と比べたら、結構オープンな駅になったなと思う。


PageTop

さよなら愛しの列車たち…2012年3月16日

この日は、自分にとっては一番思い出したくない日。
沼津~(小田急)新宿を結んでいた特急『あさぎり』の区間縮小に伴う、沼津~御殿場の運転終了。そして使用車両の変更に伴うJR東海371系と小田急20000形RSEの引退。3月17日以降は、小田急電鉄の単独運転・片乗り入れ体系へと戻り、増備が進められている60000形MSE6両編成へと統一。平日3往復、土日祝日などに1往復増発というダイヤ形態へと変わる。
その後、371系は沼津運輸区で長い休暇…もとい留置されているのをたびたび目撃したりと…。
そして、東海道・山陽新幹線からの300系引退。山陽新幹線に残っていた100系新幹線も引退に…。
他にもいろいろトピックがあったのかもしれませんが、自分が知っていた範囲だと…それくらい。

DSCF4019.jpg
沼津運輸区に待機しているRSE。
もうすぐ、3番線に入線して、特急あさぎり4号新宿行となる。

DSCF4021.jpg
この表示も、今日で終わりか…

DSCF4020.jpg
幼少時、御殿場にあった父方の実家から見えたり、父方の祖母や父に手を引かれて、御殿場線のすぐそばまで連れて行ってもらったりして、よく見た特急あさぎり号…それが20000形RSEであり、いつか乗ろうと心に誓っていた特急でもあった。なぜかJR371系は見た記憶があまりなかった。

DSCF4023.jpg
いつものように見られた、この表示も見納め…。
付け加えれば、特急あさぎり自由席のりば の表示板も。

DSCF4026.jpg
白い車体(スペリアンホワイト)に、窓周りと裾部分のオーシャンブルー、そして窓下及び裾部分のオーキッドレッド(ピンク)のカラーリングが美しいRSE。見慣れたこの顔ともお別れと思うと、本当に寂しい気持ちは募る。もう、乗れないのだ…。

DSCF4027.jpg
この並びも見納めに…。

DSCF4032.jpg
7両編成の優雅な編成。
悲しいことに、御殿場線内の乗車率は低く、自由席のあるこの区間、空席ばかり目立ってて…。

DSCF4040.jpg
いよいよ発車…ヘッドライトが点灯する。

DSCF4042.jpg
RSEが沼津駅を発ってゆく… 自分のRSE見納めはここまで。すぐさま移動を開始。

つづきを表示

PageTop

JR東海371系、ニューステージへ…場所は富士急行

http://response.jp/article/2014/12/15/239673.html
http://www.fujikyu-railway.jp/upload/file/371kounyuu.pdf(富士急行公式プレスリリース PDF)

DSCF6580.jpg
371系電車の引退発表で落ち込み、ラストランを撮りに行って空虚感に陥っていた自分であったが、このニュースを聞いて、胸と目頭が熱くなった。
富士急行には、既に改装されたものの、あさぎり号という列車において、唯一無二のパートナーであった、元小田急ロマンスカー20000形RSEが1編成だが、8000系電車としてフジサン特急として活躍している。つまり、来年だかには、同じようなフジサン装飾を施された371系とRSEという、あさぎりコンビが再会し、同じ路線で、再び同じ名前の列車を名乗り、新たな場所での活躍が始まる。恐らく塗装によってシャープな印象は少なからず消えてしまうかもしれないが、浜松への廃車回送を覚悟していた中だったため、このニュースは非常に嬉しかった。
まだ時期尚早な気もするが、このあさぎりコンビが、フジサン特急コンビとして走りだす日が待ち遠しい。

PageTop