BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

PCの読み取りミスだったんだね

…ドロシアの件ですよ(^_^;
今日はそういう事も無く、普通に表示されてました。
ドロシアのしゃべり一つ一つに思わず(^^)なような苦笑なような…結構ユニーク。
いろいろな面が見れて面白いですよー ツンデレキャラが好きな方は是非是非お勧めします。
…自身は、稚内に言ったことが無いのでツンデレとかよく稚内んですが(小噺
FC2の共有テンプレにドロシアのが何タイプがあるようなので、気になる方は探してみるといいですよー
確かに『けしからん』の意味が分かりますから。

スポンサーサイト

PageTop

ふざけるなよ…

えーっと、現在このブログのプラグインで一番上に設置している『ブログ妖精ココロ』が来月だかで終了してしまうため、後任として2日くらい前に設置していた『けしからん小悪魔ドロシア』が、PCのせいなのかサーバーのせいなのか分からないが、表示されなくなってしまいました(T_T) 昨日とかは表示されていたのになんで…
『エラーが発生しました』と表示され、どうしてだ?と細評を見ると、『構文エラーです』というメッセージが…
…あの、サイトで配布されたタグをそのまま貼り付けただけなんですが…昨日とかずっと表示されてましたけど…。

わけのわからないまま問題解決に奔走しつついますが平行線のまま、絶望の淵に立たされております。数日様子を見た上で、ドロシアの取り外し及び『コミュキャラの箱』のユーザー登録を解消しようと考えております。ツンデレッぽさがココロと違って非常に宜しかったのに…何でやねん。別のブログパーツ探すべきかな…

追記…2010年4月28日午後9時現在で『ドロシア』表示されてます。PCの問題なのか知らん。
ブログパーツをあさり歩いていたら、なかなかなブログパーツにお目にかかれたので設定。代わりにボーカロイド『初音ミク』らが歌ってくれるパーツや目立てなかった新幹線のブログパーツを撤去。今まで有難う…。
『知多みるくブログパーツ』
愛知県は知多半島のマスコットキャラ『知多みるく』さんのパーツで、曲を選べば歌ってくれるというスグレモノ。その歌声に癒されてみては如何??
『絶対衝激 ブログパーツ』
名前しか知らないが、とあるゲームか何か『絶対衝激 プラトニックハート』のパーツ。登場するキャラがランダムに表示される。訪れた時に誰が出てくるか、ちょっとした運試しにしどうぞ?
…ここはブログパーツ館?になっているような気がしないでもない。

PageTop

読書年 と言われも…

2005年の今日、福知山線の脱線事故があったんですよね。あの壮絶なる現場をとらえた中継をテレビで見ていました。あの時が始めて『電車が怖い』と思ったときでした。207系…凡用通勤車から一転して『時の人』ならぬ『時の電車』になりましたよね。あの事故で犠牲になられた106名の乗客と運転士のご冥福をお祈り申し上げます。

では…本の話題を過去から
IMGP2968.jpg
4月16日の夕方に代引きで届いた商品。模型ではありませんし、フィギュアでもござんせん。

IMGP2969.jpg届いたのは大量の本。初めてLivedoorの通販サービスを使った。

買った本の細評は、続きを読むからどうじょ

つづきを表示

PageTop

トミカのコマ撮り動画作っています

出演車両のトミカを並べて撮影して、微調整してまた撮って…
そしてから、ムービーメーカーで写真をつなげて調整して、動画として生成…
これが、やり始めたらストーリー構成が出てきて、本当に楽しくて。

2日だけで3作品もYouTubeに公開しちゃいましたよ。
おかげで、撮影が終わるたびに使用カメラ(PENTAX OptioM40)は電池切れになって充電…。
もう一つくらいバッテリーを買おうかしら。







現在までに公開している3作品です。ほかに公開されている方々の動画よりは劣る部分も多いですが、出来るだけ内容を充実して楽しんでもらえるようにしていきたいところです。

PageTop

何を書きたいか謎。Amazonからネタを仕入れ(ぇ

ニュース記事ではございませんで。
(アマゾン のページにリンクですが、中の画像を出そうとしたら規制がかかりそうなのでそのまま)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000AHJ8CY/ref=nosim/?tag=vc-1-179063-22&linkCode=as1
アイドルマスター、略してアイマス(分かるわ
アイドル自体は仮想のキャラですが、それを擬似プロデュースしていく…体験的意味合いでも割合面白いアイディアですよね(何が言いたい
ドラマCDとかは、何が目を引くかといえば中身(収録されている内容)も大事ですが、やはりパッケージ。外観の絵も重要でしょう。それが地味でつまんないやつだったら、目を通してくれる人もきっと少ないはず…。
アイマスのキャラの中でも比較的好きな3人、名前は知っててもゲームはやったことありんせん。何か、こういう青春の一こまっぽいのを絵にするというのも、やはり書き手さんとかのアイディアなのでしょうか。そそられる…。

http://www.amazon.co.jp/dp/B001DKBL8Q/ref=nosim/?tag=vc-1-179063-22&linkCode=as1
この作品は知らん…。絵的には結構萌え要素?
音楽のCDのうち、サウンドトラックとかはこういう絵が似合いますね。何らかの楽器を演奏させている絵というの。

http://www.amazon.co.jp/dp/4840236224/ref=nosim/?tag=vc-1-179063-22&linkCode=as1
この姫様の絵は結構見かけますね。作品のタイトルは聞いた事ありますが、キャラの名前とか大半知らん…。

http://www.amazon.co.jp/dp/4048677217/ref=nosim/?tag=vc-1-179063-22&linkCode=as1
中古本を買って読みました。キャラ一人ひとりにストーリーを付けていくのはなかなか難しそうですね。一番魅かれたのは鷹野みゆき(広島電鉄)編だったり…。後の主役お二方のも魅かれないわけではないけど、一押しとしたらそっちかな…。

http://www.amazon.co.jp/dp/B001340ZWU/ref=nosim/?tag=vc-1-179063-22&linkCode=as1
キャラクターソングのCD…キャラを知っていなければ光景が浮かばない…。このキャラクター(渋沢あさぎ)が勤務している設定の大手私鉄『小田急電鉄』は、関東の大手私鉄でも割合近いので、多少は乗ったこともあったり…。
ただ、特急ロマンスカーは乗ったことありませんが…。

…ただのネタ帳みたいな感じで書いてしまいました。申し訳ないm(__)m
でも、キャラクターもとい登場するアニメなどの作品をひとつひとつ見ていくと様々な世界観が見られる。戦闘とかそういうものは勘弁して欲しいけど…(見たことあるプリキュアとかセーラームーンはそれ系だけど…)。

PageTop

04月21日のココロ日記(BlogPet)

リフィアさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

PageTop

六代目三遊亭円楽襲名披露公演を見に行った

2日前…18日の記述でございます。

IMGP2980_convert_20100420135018.jpg
4月18日の午後3時、三島市民文化会館大ホールにて『三遊亭楽太郎改め六代目三遊亭円楽襲名披露公演』があり、私も見に行ってまいりました。テレビでは何回も聞いた事のある落語も、目の前で演じておられるのを聞いたことはございません。5000円払ってでも近くで聞くことが出来る機会ともあれば、行かない理由が見つかりません。


IMGP2981_convert_20100420134937.jpg
さすがに大ホールは、ほとんど満員とも言うべきでしょうか。受付近くで限定グッズ(六代目円楽師匠の楽太郎時代の一席を収録したDVDや、扇子など)の特設売店は大盛況ぶり。これはこれは…。
(管内では写真などは撮影したなったため文章のみ)

開演時刻5分くらい前だろうか。出囃子なのか分からないが笛と太鼓の音が響く。さすがに開演時刻5分くらいは余興なのか、出演される師匠方の準備なのか、笛と太鼓の音が延々と流れる。
ステージの幕が上がり、まずは口上。並び順は左から、(司会)三遊亭愛楽さん、三遊亭好楽師匠、六代目三遊亭円楽師匠、桂ざこば師匠。本当に、テレビでよく見かける師匠方には圧巻でした。
しかしながら、あれは洒落だったのか本当だったのか…ざこば師匠は袴を忘れたか何だかで、風呂敷か何かを前掛けのように結び?袴っぽくして誤魔化していた。愚痴のような文句のような…言い方もざこば師匠ならではなのでしょうか。最後の三本締め、圧巻でした。口上を聞いただけでも来ただけの価値はありました。

一度舞台の幕が下りて、本来の寄席みたいな状態になおされてから舞台の幕が再び上がる。
前座の(2代目)三遊亭楽大さんが一席を披露。前説っぽい部分に、楽大と言う名前は2代目で、最初に名乗っていたのは伊集院光さん という事も話していました。自分はそれに関しては知っていました(今言うなよ
この後、師匠方が一席を終えるたびに座布団をひっくり返したりとかいろいろやっておられました。そういうのがお役目なのでしょうね。その後は愛楽さんが新作落語(だと思う)を演じ、中入り前に主役である六代目円楽師匠が登場。いろいろあるらしいですが、そのへんは分からず。演目は『禁酒番屋』だったと思います。(あやふや
休憩の後に、ざこば師匠が一席演じ、最後のトリを勤めたのは好楽師匠(演目:紙屑屋)。終始笑いっぱなし…といきたいのですが、笑うツボというか何と言うかを心得ていなかったのが災い、笑い逃したのが後悔される(初めて生の落語を聞いたというのも言い訳ながら、一理ある)。こういう昔からの日本の文化である歌舞伎や落語(西側の上方が落語で、東側は『噺』というらしいけど…)というもの、文化事業云々としてずっと残っていって欲しいですね。

車で会場まで行ったため、近くにある駅の駐車場に車を止めたが、終了後2・30分は出庫できなかった。仕方ないのですけどね。

PageTop

400系『つばさ』今日で最後やったん…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000010-maip-soci
初代のミニ新幹線400系つばさ号…今日で引退だったみたいですね。
初めて、在来線への直通運転(在来線の方は1067mm⇒1435mm改軌しましたけど…)を営業運転で行ったという功績はとても大きいものだったと思います。新幹線の区間では先輩や後輩たちと連結して240kmくらいで長い長い全力疾走した後、在来線ののんびりとした空間を特急としての役割を持って走っていた。今でこそ、秋田新幹線用に登場したE3系電車に改良を加えられたものが、後任として山形の区間を走っておりますが…。やはり、あの斬新なカラーだった時代の400系は好きでした。もう、あの鉄路での力走を見られなくなってしまったのは非常に寂しいです。でも、東京と山形とかを行き来するのに『つばさ』に乗った人たちには絶対に忘れられない車両になったはず…そうだと思いたい…。

きっと、既に解体されていった400系たちは向こうの世界で、先輩200系と手を組んで走っているのかな。

PageTop

04月14日のココロ日記(BlogPet)

惜しいデフォルメには知る本能があるそうです。教科書に書いてありました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

PageTop

ここ数日の出来事を

っとは言っても、今日及び昨日の事とおまけ程度に先月30日を
昨日10日は、妹の専門学校入学式でした。私も同行したのですが、スーツではなく私服に黒い上着で誤魔化しました。青いワイシャツみたいなのと白いズボン、それに革靴…少々変な格好だったのはいがめません。
途中までは母の運転(母だけで十分、保護者となるんですけど、私も保護者という格好となりました)で、途中のチェーンのお蕎麦屋さん(スマル亭)で昼食をとったのですが、揚げ物とかが美味くない。サクッという食感がしないのには呆れてしまった。よほど、元々親戚だったおば様のお蕎麦屋さんの方が美味。スマル亭より値段の安い、駅ホームにあるお蕎麦屋さんの方が値段も手ごろで結構美味い(愛知・東京方面遠征、自身が学校に通っていた時に結構利用していて、その味に慣れているからかもしれないが)。
そんれにしても…理事長(それも90過ぎの爺様!!)の話がグダグダで非常に長い。相当お偉い先生らしいのだが、あそこまで一貫性のない話をされたのには言葉を失ってしまった。校長(恐らく、理事長の息子)や他の先生たちは先生たちで非常にグダグダ。それで生徒の見本になると思ってんのかよ…さすがは一族経営の学校である。校歌も結構変でしたし…。そこへ2年間通う妹…それもそれで人生だ。
そこへいくと、やはり大原学園はカリキュラム構成はともかくも、校歌とかもしっかりしているし、先生たちのまとまりは非常に素晴らしい点がある。理事長や学園長の講演もあったが、話は一貫性があって聞きやすい。私自身はいやいや聞いたが、あれで結構勉強になった点は否定できない。

その後は、スターバックスでコーヒーを飲みつつ一休みをし、地下街を再び歩く。
葵タワーに入っている本屋『戸田書店』で立ち読みしたり、いろいろして少し探検まがいに…。

静岡の駅ビル『パルシェ』4階にあるガチャのうち一つに200円を投入して回して…
DSC04014.jpg
こんなのを2つGET。一つは妹にやりました。確か『ロザリオとバンパイア』のキャラだったような気がする。せめて、これのピンク髪のが一つ来て欲しかったな。

帰りは自分が運転。静岡の町は半ば慣れ親しんでいた町で、一応の道も覚えているはずだったが、やはり裏道とかはさっぱりである。夕飯は午後7時過ぎに『かっぱ寿司』で摂った。
IMGP2964.jpg
IMGP2965.jpg
注文した品物を届けてくれる『かっぱエクスプレス』N700系版になっていたのですねいつの間にやら。
(自分は700系版をCMで見ただけで、N700系版は店ではじめて見た)

DSCF0113.jpg
おまけでN700系実物の写真。やはり、N700は好きになれん。

自分は回転寿司に来たのは久しぶりだったし、ネタも珍しいものが揃っていたことから考えないで取ってしまい、後で食べんのに苦労してしまった。どれ位かは土産用にパック詰めしましたけどね。

今度は、沼津のイトーヨーカドーへ。
妹が小さなバッグを母と探している間に自分はひとり行動して…
DSC03997.jpg
E259系(新)成田エクスプレスと東京メトロ東西線05系のプラレールとミニカー(写真なし)を買う。

プラレールといえば…
3月30日に、伊豆箱根鉄道のI駅で
DSC03996.jpg
限定品の西武ニューレッドアローを購入。高一のとき、横浜のカツミ模型店だかで同型を1本買っているため、2本の所有となってしまった。私鉄特急のはなかなか手に入らんのよ…。

過去の戦利品から
DSC03991.jpg
鉄道むすめ(鉄道制服コレクション)Vol10

DSC03994.jpg
鉄道むすめコンテナコレクションVol2

DSC03995.jpg
IMGP2966.jpg
フレッシュプリキュア!トゥインクルマスコット+付属品(オークションで購入した新古品)
上は箱+付属品,下は言うまでもなく開封した中身。
キャラのデフォルメはさすが。花みたいな飾り?の上に、ハート柄のライトを持ってちょこんと座っているのは…小物ならでは? 真っ暗の中で周りを照らすのには実用性があり。現行の『ハートキャッチプリキュア!』でも、こういうのは出るのだろうか… 見てみたい気もしないではないですが、やはり見ないという事にしています…。


小説作品を3つ執筆中。アイディアが出るものの文章がまとまらず苦戦中(関係ない

PageTop

送られてきた品をなかなか開封できない…

…オークションで購入したライト付マスコット(3月31日の『プリキュアシリーズの~』の記事を見ていただければご理解いただけます)、鉄道むすめ(鉄道制服コレクション)の第10弾,鉄道むすめコンテナコレクション(第2弾)が、なかなか怖くて開けれないでいます(開けろよ…
コンテナ辺りだったら、空コキ(とは言っても、搭載用コンテナを買い足しましたが)に乗せ、それをEF210やEF65-1118とかの機関車で牽引させればネタになるでしょう。鉄道模型の小さなお座敷レイアウトでも作ってやってみようかなと思っていたり。買ったままの車両が結構いるのでね…。
まさしく、宝の持ち腐れ。
…自分で言っているようでは仕方ないですが。
でも、トゥウィンクルマスコットではなくトゥインクルマスコットはなかなか使いようで、小さな懐中電灯くらいの効果がなかなか期待できる。周辺を照らすくらいのことは可能。マスコット本体としては、ライトの機能はおまけなのでしょうけど…。

http://www.narinari.com/Nd/20100413363.html
これは驚き…。昨年8月に私も車のことを書きましたが、屋外でボロボロになった昭和の車には哀愁を感じました。それにしても、家の下から数十年以上前の車が出てきたとは驚きですね。

私が幼少時から持っているトミカの一部車種。程度などがよければ4桁の値段がついたそう。車体は相当ボロボロなので、もはやスクラップ状態(でも、倉庫で他の車両と肩を寄せ合って深い眠りについてますよ)。他にも、ダイアペットの電車とか、結構眠っているものが存在していたり…。
少しずつ整理とかしなくてはと思わされました。

PageTop

04月06日のココロ日記(BlogPet)

最近、リフィアさんは都合のことが気になってしょうがないみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

PageTop

ぴったんこカンカン

今日のぴったんこカンカンのスペシャル、大変良いものでした。
何よりも、六代目三遊亭円楽(三遊亭楽太郎)師匠のところは、大変に面白かった。噺家さんなどとの絶妙なやり取りや、サプライズゲストとしてご出演なされた三遊亭小遊三師匠と楽さんが、先代の五代目円楽師匠の回想をするところは、ついつい笑ってしまいました。まだ、寄席『若竹』の建物、まだ東陽町に残っているんですね。現在では客席やステージのあった部分などは中華料理屋の客室に変わっておられるそうですが…。春風亭昇太師匠とのかけあいなども面白かったですが、最後の最後に六代目円楽師匠のご子息であり弟子である一太郎さんの登場と手紙…いかにも、笑点メンバーの中でもひときわ違う雰囲気が漂う楽さんの性格などが見え隠れしているような感じもいたしました。弟子の一太郎さんが真打になられる際、父親であり師匠でもある六代目円楽師匠がどういう円楽さんになっているのか気になるところです。親子で噺家というのはありがちかどうかは分かりませんが素晴らしいとおもいます。林家木久扇(初代林家木久蔵)・二代目木久蔵親子(同時に師弟関係でもありますが)、三遊亭好楽・王楽親子(親子でありながら兄弟弟子。王楽さんは五代目円楽師匠の最後のお弟子さん)とか。落語という、現代人の私は一見よくわからないものではありますが、親子で伝統をつないでいくというのは大変に結構で、素晴らしいものと思います。親子で政治家というのは…良いのか悪いのかは分かりませんけれども…。

4月18日に三島市民文化会館で開かれる『三遊亭楽太郎改め六代目三遊亭円楽襲名披露公演』、二階席からの観覧となるのですが、初めて目の前で演じられる落語を楽しみたいと思います。古典芸能というか、噺を演じて笑いをとるという、漫才やコントには無い独特の雰囲気を感じ取ることが出来ればいいかなと思います。

惜しいことに、今年一月だかに、三遊亭楽太郎(現:六代目円楽)師匠と小遊三師匠が伊豆の国市長岡総合会館へおいでになって、落語会だかをやっていったそうですね。知っていれば是非聞きにいきたかったな…(これを知ったのは先月27日、お笑いライブが同会館で開催された際に、出演者のサインの入った過去の催し物のチラシが飾ってあったのを見たとき)。

PageTop

2000年ごろに売られていた『タイムカン』

http://www.nissinfoods.co.jp/utility/timecan.html
2004年ごろには既に回収が始まっていたらしいですね。果たして、10年後を待たずに食べてしまった人がどれくらいいるのか知りません。でも、10年後を待っていた人にはがっかりでしょう。
家にも一つありまして、自分が通販で買った商品が入ってきた段ボール箱に、梱包材などを厳重に詰めるなどして、サービスセンターに送る準備を…母がしていました。10年前のパッケージはどんなのだったか、一度見たかったなという気持ちもありただ残念。
今の今まで知らなかった…。

PageTop