BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

何だ、このバスは!?

DSCF0234.jpg
11月25日に『香嵐渓と小原四季桜』ツアーに参加した時に来たバス。
前面から側面に伸びる紫と赤ラインとかの組み合わせが全然ミスマッチなカラー…
これは扶桑観光バス(本社:沼津市足高455-1)の保有する、いすゞスーパークルーザーだが、乗ってみたら驚き…
(車内写真は撮っていないので未掲載)
ヘッドカバー??には『OASO KANKO』の文字。ところどころにある座席表示と、実際の配置が全然あってない。その横とかには手書きの列番。
元々は11列の定席45席車だったのを改造し、12列の定席49席車に改造してあった。一番後ろから2番目の席が、他の席と仕様が違ったので、12列に改造した際に取りつけたものだろう。

…オオアソカンコウという会社が気になり、後で調べてみたら、現在の九州産交観光(1964年に設立,2005年4月に現社名に)が、九州産交グループの事業再構築に伴った再編時まで名乗っていた社名が『大阿蘇観光バス』だった事が分かった。つまり、大阿蘇観光時代に再編か何かで廃車になったこの車両を、はるばる九州から持ってきて、扶桑観光バスが買って、現在まで使っているという事だろう。車体的にも、結構ボロっぽかったですし(汗
http://www.geocities.jp/kankogatabus/busphotos-shizuoka.htm
こちらのサイトに乗っている同車両は、紫のカラーが無く、ほぼ『大阿蘇観光バス』時代そのまま、会社名だけ変えて使っていたようだ。そうなると、前事業社である大阿蘇観光(九州産交観光)の絡みで、あの紫を追加したのだと推測される。しかし、どうせだったら水色の方がまだマッチした気がしないではない。
ちなみに、この香嵐渓ツアーに、あと2台の扶桑観光バス車が出てきたが、それらの車両もバラバラ。
とにかく、車両を何とか揃えた的な感じだった。
…元をただすと、この扶桑観光バスの母体は『㈲宿泊案内センター(本社:沼津市足高455-1)』という旅行会社で、この会社が企画するツアーへは、よく祖父母が行っています。以前は、杉崎観光バス(本社:静岡県御殿場市川島田1664-1)やらドリーム観光バス(本社:静岡県駿東郡清水町長沢265-1)やらのバスが出てきました。以前は旅行企画をして、バスは他社のをチャーターという形で営業を行っていたらしいが、それでは儲からないと思ったのだろう。とりあえず『自前』のバス会社として扶桑観光バスを設立、自前で車両及び運転手と添乗員を雇用し、自社ツアーで使用しているようだった。
何となく、高速ツアーバス最大手『ウィラーエクスプレス』を企画・運営する会社『ウィラートラベル』と、その子会社であるバス会社『ウィラーバス』と少し似ている。ただ、ウィラー社は韓国製の観光バス車両を新車で手に入れているから、その辺で考えれば違うが。会社間の関係は、ほぼ同じと思っていいだろう。
いかにもやっつけ仕事的な雰囲気のある車両だが、『長く使えない』車両だと区切りをつけ、シート配置の改造とか、必ず必要になる改良しか加えなかったのかもしれない。後何年、この車両を見る事になるのかが楽しみだ。

スポンサーサイト

PageTop

IMGP5024.jpg
えーっとですね。
今日の午後、いつも世話になっている床屋さんのお兄さんの家へ遊びに行ってきました。
共通の趣味である『鉄道模型Nゲージ』で、その床屋さんはレイアウトを組んでいらっしゃいまして、4月くらいに一度訪問させていただいておりました。
要領(??)も分かってきて、とりあえず5編成(253系成田エクスプレス3連,113系4連,115系4連,0系さよなら列車6連,伊豆箱根1100系3連)持参で遠征(汗
でも、帰るまで2時間30分くらいいたと思いますが、その2分の1くらいかは、その床屋さんの娘さん(ユイちゃん)の相手して遊んでいたような気がします。この子が、結構なプリキュア好き(…結構、プリキュアのフィギュアとかを集めている、痛い奴が言えるわけ無いけど…)、その子の影響を少し受けたわけなのよ(何でやねん
それはともかく、その床屋さんが作られたレイアウトと言うのが、複線仕様とあいまって、自身が持参した車両と、その床屋さんが持っている車両とで競演を果たしたりしていました。
(最近買った車両の云々とか、レールの不具合とかそういうのとか)
いろいろ鉄道雑談したりしながらも、悠々と過ごしてきたというところですね。
…ところで、何で表紙が『ハートキャッチプリキュア!』なのか??
 そのお店に、そのユイちゃんが書いた似顔絵??が貼られているのですが、そのモデルがこの2人なのですよ。何気なく、少し似ているかなと思う特徴を見て…判断がつかず、その母親(つまりは、その床屋さんの奥様か)に聞いて、ようやく分かったんですけどね(汗
 現在通っている床屋さんは、祖父がよく使う床屋さんで、私は別の地区と言うか町にあった、ある理容店で髪を切ってもらっていました。しかし、いろいろなごたごたで嫌な気分になり、その店には行かなくなりました。
 しかし、巡り会わせがとても良かったですね。鉄道・鉄道模型談義に花を咲かせる事のできる人に、めぐり合うことが出来たのですから(^^;
 出会いに感謝。

PageTop

カオスな出来事(その5)

IMGP5034.jpg
(CATION!!)カオス注意!!(CATION!!)
一部特定の人にしか理解されない内容が記事に含まれています。年齢制限があるような記事ではありませんが、最初で興味がないと判断された方は、スルーしてください。

今から2週間くらい前に仕入れていた6つの箱。開封しないでそのまま置いておくのもよくないと思い、今度こそ開封…。

興味がある或いは気になる方は、『続きを読む』から、記事全部をご覧ください。

つづきを表示

PageTop

カオスな出来事(その4)

IMGP5024.jpg
(CATION!!)カオス注意!!(CATION!!)
一部特定の人にしか理解されない内容が記事に含まれています。年齢制限があるような記事ではありませんが、最初で興味がないと判断された方は、スルーしてください。

はい。『ハートキャッチプリキュア!』です。
昨日、大規模な引越し騒動があったので、それを記事にしたいと思います。
*つまり、そういう記事です(汗)

興味がある或いは気になる方は、『続きを読む』から、記事全部をご覧ください。

つづきを表示

PageTop

トミカVSホットウィール(ホンダNSX対決)

DSC04022.jpg
某所では、日産スカイラインGT-R35で、トミカVSホットウィール なのがあったかと思います。

ホンダのスポーツカー『NSX』で、トミカ版とホットウィール版とあるので、比べてみたいと…

DSC04026.jpg
トミカはノーマル車。ホットウィール版はドチューニング車とも言うべきか。
金色に黒とかのデザインと、ちょんまげのようなマフラーだかなんだか。

DSC04027.jpg
リア。ホットウィール版は『テールライトはしっかり塗るなりしてくださいよ』と言いたくなる。
ホットウィールは特に派手。だけど、近年のマジョレットミニカーのようによく転がる。軟弱でない。

DSC04028.jpg
ホットウィール版の方が『平べったい』印象。別パーツにして、あとで組み合わせるところは組み合わせる、その箇所とかが違う。
…トミカよりは遊び向けなミニカーだが、このスタイルはちょっとな… 好きになれません(汗

DSC04023.jpg
とにかく、個性的過ぎる!なホットウィール。NSXもホットウィールの手に書かれはドチューンな車になってしまうのか…なんか、とにかくインパクト強すぎなミニカーであった。

…ところで、何でトミカVSホットウィールだったの??

PageTop

今日知って驚いた…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000502-sanspo-ent
これは、いいニュースではないですか!!
里田さんが『カントリー娘。』メンバーだった当時から、現在のヘキサゴンファミリーとして活躍しているのを見ている人ですから、このニュースには驚きと言うか…。この熱愛が実る事を心から願っている次第です。
同じヘキサゴンファミリーの木下優希菜さんが、お笑い芸人の藤本敏史さんとご結婚された事、あれには驚きですが(年の差もあるし、共通点があるのか無いのか分からないし…)、里田さんと楽天・田中投手は、同じ北海道出身という事とか、結構共通点も多いですから、いい感じになるのではないでしょうかね。

…この時間から投稿している自分が、最近は怪しいである。

PageTop

驚き桃園…(何

某I市のO地区(旧O町)の書店及び玩具屋に行ったときに驚いた…。

IMGP2967.jpg
…なんでトゥインクルマスコットが出てくるの??
というか、キーワードはこのアニメなんです。
雑誌とかは現行『ハートキャッチプリキュア!』のが並びますが、所々にプリキュア関連の本とかそういうのがあるんですが、ほとんどが前作『フレッシュプリキュア!』なのですわ…。
1つくらいは『ハートキャッチプリキュア!』のがあってもいいはずなのにな…。

IMGP4328.jpg
近くの玩具屋には、それよりも前『Yes!プリキュア5!GOGO!』のとか、セーラームーン関連の商品まで店頭に並んでました。そっちにはさすがに『ハートキャッチプリキュア!』関連商品が売ってたけどね…。

プリキュアはともかくも、セーラームーンは既に過去…。その玩具店には、『その時代』が静かに店頭で眠っていました。既にお目にかからなくなった商品の数々も…。
…時代ですね。

PageTop

週末とかの行動とかなんか

DSCF0198_20101114213053.jpg
昨日(11月13日)、修善寺駅で見かけた、前乗り仕様の路線バス。
…解散した『伊豆下田バス』から引き上げてきた車両でしょうかね??
ちなみに、切り絵だかなんだかの飾りが車内にしてありました。

DSCF0202.jpg
昔、土曜の夜7時30分に放送されていた『地獄先生ぬ~べ~』6・8巻と、適当に買ったデザイナーかなんかの漫画。
それに古い100円ミニカー、人形2体(うち1体はワンピースのナミ)、戦闘形チョロQ2台。あるリサイクル屋で購入。
『地獄先生ぬ~べ~』は、好きだったアニメのひとつで、その前の7時からの30分は、確かセーラームーン(最終シリーズのセーラースターズ)→キューティーハニーF(フラッシュ)が放送されていました。その勢いに任せてみたような気もしないではない…。特に印象に残っているキャラクターは、主人公である鵺野先生こと「ぬーべー」は勿論なんですが、妖怪では特に、雪女「ゆきめ」なんですわ…。6・8巻の表紙を見事に飾る…。しかしながら、人魚『はやめ(速魚)』は、その回を見逃したか何かで、お目にかかることが無く、永遠の謎であった。その存在を知ったのは…はて、どこだったか。8巻を見て、ようやく、その存在が分かった。
いえることは、ゆきめ及びはやめは、ともに「ぬーべーに一途」なところか。ゆきめさんに至っては、何度か登場しましたし(~リターンズ!での登場の仕方は過激極まりない!!)
どういう経緯があったのかは、知らないけど…。

最後は…何の話で最終回だったのかは、思い出せない。
ぬーべーの放送が終了してしまったときは『またひとつ、楽しみが消えた…』なんて思ったのかもしれない。

PageTop

カオスな詰め合わせセット(汗 プリキュア版

余興に…
DSCF0219_20100930134129.jpg

IMGP4809.jpg
(立山黒部アルペンルート)現場ロケでの一面。
こういう写真を撮って、後で見て(・∀・)ニヤニヤ するのも悪くはない(笑

ではなくて…
IMGP4329.jpg
写真は『Yes!プリキュア5!GOGO!』版の喫茶店です。
これのハートキャッチプリキュア版を先週入手(汗
まだ建設の目処が立ちません(-_-; それには、現在の物件を移設しないといけないのでね…。

DSCF0109_20100917001504.jpg
…えーっと、9月中旬頃に入手した『フレッシュプリキュア!ボーカルアルバム』…(写真の右側)
金額は2200円でした。それで、このCDを買った中古本屋(ブックオフ)へ行って、同類CDの価格を見てみた。
確かあったのは、一番最初の『ふたりはプリキュア(及び続編のふたりはプリキュアMaxHeart)』の美墨なぎさ(キュアブラック)、雪城ほのか(キュアホワイト)、九条ひかり(シャイニールミナス)のボーカルアルバムが、まだ売り場にあったので、その値段を見てみると…確か、各1200円だったと思います。
…なるほど。最初のプリキュアが出たのがおよそ6年前、CDが出たのは5年位前か…それで1200円の高値というのは、それだけ人気という事か…。フレプリ版のは4人分入っていて2200円…最初のを3枚全部買うより十分安かった(大汗 良くも悪くも文句は言えない…。去年の作品だし…。

IMGP4699.jpg
はい、現有のプリキュア全員(汗 ただし、プリキュアキューティーフィギュアなどの大きい類のフィギュアのみで、まだハートキャッチ版のはキュアブロッサムさん及びキュアマリンさんが被っているのがある。

…プリキュアな話題でお送りしました。
ここまで来ると、(・∀・)ニヤニヤ どころか(;´_`) な状況…。

PageTop