BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

Yes!プリキュア5(GO!GO!も含む)版痛車を製作しなおし。

IMGP0348.jpg
先日の記事で紹介した『Yes!プリキュア5・Yes!プリキュア5!GO!GO!』痛車。
出来がいまいちだと感じたため、製作しなおし。

IMGP0350.jpg
ドア部分にあるのも1枚に。これですっきりした感じにまとまった…かな?

IMGP0354.jpg
シビック版も同じく。ボンネットにYes!プリキュア5!GO!GO!のプリキュア6人が写ったものを貼り付け。
助手席側にはYes!プリキュア5!GO!GO!の番組ロゴ。

IMGP0356.jpg
運転席側にはYes!プリキュア5のプリキュア5人が写ったもの(OPの一部)を出して、ステッカーにして貼り付け。

過去に作ったフレッシュプリキュア!版、ハートキャッチプリキュア!版、スイートプリキュア♪版と比べればシンプルですが、向こうは市販のネイルシール(ウエハースチョコ1枚が入ったやつ)と100円ショップにあったネイルシール(フレッシュプリキュア!)とかを使ったためで、派手にすることしか考えていなかった。
製作するかどうかは不明だが(何 最初の作品であるふたりはプリキュア・ふたりはプリキュアMaxHeart、ふたりはプリキュアSplashStarの痛車ミニカーを作る際には、この方法を使うので、いい感じにはなったかな。

このプリキュア版痛車作るのに、絶版車ホンダNSX-Rのトミカの中古車を買い漁ったというのはどうでもいい話。無論、シビックは今でも新車が手に入りますが。

スポンサーサイト

PageTop

misuminTurning(何 プリキュア痛車第4弾

IMGP0302.jpg
アニメロゴをどっかから持ってきて(ぇ 印刷。食玩フィギュアなどを入れてあるケースに貼り付け。
(例:ハートキャッチプリキュア!)

IMGP0303.jpg
さて、フレッシュプリキュア!版、ハートキャッチプリキュア!版、スイートプリキュア♪版と、登場させてきたプリキュア痛車(ベース車:ホンダシビックTYPE-R、ホンダNSX-R)だが、今回はその第4弾としてYes!プリキュア5・Yes!プリキュア5!GO!GO!版を製作してみました。この2台の細評については、つづきをご覧ください。

P/S:
IMGP0316.jpg
これは、前に出したフレッシュプリキュア!版の痛車。

IMGP0317.jpg
分かりづらいですが、番組ロゴを小さく印刷して、車体に貼り付けました。

つづきを表示

PageTop

こんなことです。

IMGP0183.jpg
…先週(6/5)及び先々週(6/5)のスイートプリキュア、録画したのにまだ見てないです(--;
それにしても、だいぶ前に高い額を出して買ったBD-REの10枚組(BD-RE DL)は、アクオスの機器ではダメ…。完全なる無駄でした(T_T) 家においておいても邪魔だから、何とか処分する方法を考えないと…。

IMGP0150.jpg
IMGP0148.jpg
スイートプリキュア♪版痛車ミニカー。これのYes!プリキュア5・Yes!プリキュア5!GO!GO!版(2作品とも同じプリキュアなので、2作品で1台)製作。ベース車は上記の痛車と同じ。とりあえず、この車両にもロゴをつけました。カラーレーザープリンタではないプリンタでステッカーっぽいものを自作。色あせるのは目に見えているため、ちゃんとレーザープリンターとかを仕入れたいかな…。

PageTop

AKB48総選挙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110609-00000316-oric-ent
やっぱり、1位は前田敦子さんでしたか。トップ2はやはり同じですけど、票の差が圧倒的すぎてビックリ。投票権つきのCDを箱買いした"大馬鹿者(そこまで本気で応援できることに対して、自分で表現する言葉が浮かばなかった。)"が多数いたみたいですし、やっぱりAKB48の影響力というのは、どんな形であれ、スゴイなとは思います。
K-POPとAKB48、どっちが好きか聞かれたら、自分はAKB48ですね(AKB48の方もさほど好きではないけど、K-POPは聞いていて苦痛;なので)。

PageTop

敵なのに憎めない敵

戦隊モノとかになると、必ず戦う相手が出てきます。敵が強ければ強いほど、主人公たちは何とか倒そうと奮闘する。その戦っているのを見て、テレビの前で応援する… 小さい子供たちだったら、そうだったとおもう(でしょ?

あまり敵が敵過ぎると、あまり面白くありません。敵がいてこその…ではなく、敵は敵。好印象を持たれるようにはいかないと思います。多分…。だから、どれくらいかの敵キャラにも『どこか抜けたところ』というか『愛嬌』があるのがいます。敵だけど、それを見ると何か微笑ましいというかなんと言うか、嫌いになれないというか…。

それがある敵キャラ… 自分がそうだと思うのは、(タイムボカンシリーズ)ヤッターマンにでてくるドロンボー一味の3人(ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー)。何か、復刻されたやつだと正義の味方ヤッターマンよりかは人気だったそうな…(違う?? それと、フレッシュプリキュア!にでてきたウエスター(ラビリンス3大幹部の1人)。ただ1人、幹部の中では仲間意識が強く、動いてなければ落ち着かない、アクティビティー(遠征な話でナケワメーケとか出すのは、大概この男。プリキュアたちが行った遊園地や遠くの海に現れたり、四ツ葉中学の修学旅行先の沖縄にも出現)。だけど、思い込んだら猪突猛進なところがある。そして、絶命後のイースがアカルンの力で蘇生してキュアパッションになった後も、彼女の事をずっとイースと呼び続けている、なんとも哀れな一面…。この大柄な男だけは憎めなかった。同じくらいでイース(後にキュアパッション)とどっこいどっこいだが、彼女の場合はプリキュアの3人に意図があり近づき、最期はキュアピーチと決闘。和解して絶命してしまうのだが、2面相(表の東せつなとしての1面、そして、本来であり裏のイースとしての1面)でギャップがすごかった。イースが23話、ウエスター(サウラーもだけど)が46話での最期が、非常に哀れすぎる(何しろ、上司であるはずの総統とかに見捨てられて、絶命後に哀れんだのはプリキュアの方だった)。そんな面で見れば、自分の中では好印象な敵ではあった。自分は基本、敵キャラは好きではないんですけどね…。

そんな事を書くのには理由があり、フレッシュプリキュアの全50話、ようやく見終わりました。
 ノーザとクラインとの対決時、タルトたちとともにプリキュア4人の前に現れた、白い服のウエスターとサウラー、さしずめ白騎士で本当に格好良かった。まあ、ラビリンス幹部時代の黒い服を白くしたような感じではあるけど、また違った格好良さ。まさしくフレッシュホワイト。
最後の最後、共闘した6人は、かつて3vs3で争っていたけど、4vs2になったりしつつ、最後には4+2になって、最後の敵であるメビウスを倒した(正確には、メビウスは自爆??)。敵とさえ心が通じ合って、挙句に共に力を合わせる…そんな事が出来たのは、やっぱりフレッシュプリキュア!だけだと思いました(まあ、現行のスイートプリキュア以外で、ちゃんと見たのはフレッシュプリキュアだけなんだけどね…)。放送期間1年だけ…それでいいと、自分は思いました。ドラえもんとかのように、敵や味方なし、日常みたいなものがテーマに書かれているようなアニメであれば、それは長く続いてもいい、いや、長く続いて欲しい。だけど、仮面ライダーやプリキュアのように、敵と味方があって、戦う事が主体となっているアニメや、何かしらの1つの目的をテーマにしたアニメは、1つが長く続いてはいけない…そう思いました。個人的には、白騎士のウエスターとサウラー、もう少し長く見たかったかな…なんて思ったり。
ナケワメーケ⇒ホホエミーナ、なんとホホエマシーナ(汗)。

PageTop

誘いを受けても、月曜日は全部ダメで…

 馴染みの床屋さん、毎週月曜日と第3火曜日だかが休みなのです。
過去に2度ほど、その床屋さんのご自宅にお邪魔しまして、Nゲージ車両の小さな走行会みたいなのをやっていたのです。このときは、全然余裕で月曜日はあいていました。何しろ、フリー状態だったから。
 4月の下旬から、アルバイト扱いながら仕事に。週4日(月・火・木・金)、10:00~16:00まで。2週間前までに予定を申告すれば、休む事自体は可能です。でも、やはり…。そのため、出勤できる日を申請する際は、月曜日も全部出勤可能として出してしまいます。当然、床屋さんのご自宅にお邪魔する時間とかは出来るわきゃありません。
 平日、水曜日ではなく月曜日に休みにしてもらえば、日としてはまとまっている。でも、特に指定をしなかった。それを原因とした『不採用』となるのを恐れ、何もかもを職場に合わせたから。そこまで考える必要性も無かったかもしれないけど…。

 今日は出勤日ではあったのですが、日曜日に道路清掃作業に行かざるを得ず。とにかく重労働を強いられたため、翌日には手足や肩、腰は思うように動かない。というか、痛い。おまけに気持ち悪いの5拍子。
 何とか出勤しようとはしたが、途中まで来て限界。職場の人に電話をかけて休ませてもらいました。本当にすみません…。出勤したとしても、多分相当な足手まといになると、そう思ったのです。普通に動けても、他の正社員の方々の補助的な意味合いの多いアルバイトなので、誰かに作業をあてがってもらわなければ、何も出来ません。
 現在の職場は、プラスチックを加工して、何かしらの型とかを作る、工場っぽいところ(作業場??)。中には、原材料が大きくて、重たいのだってある。それを切断機にかけて、指定された大きさに切ったりする作業では、方とかに力が入らなければどうにもならず、今日のような状態では全く使い物になりません。

 そんな今日、そんな床屋さんからお誘い。でも、職場に急遽休ませてもらった身である為、丁重にお断り。まったく、話はかみ合わず。21日(火)は、休むという事で出しました(通院のため)。その日は、確か床屋さんは休みの日だったはず。その日に合わなければ、お邪魔させていただくなんて到底無理。それだけのために早退なり何なりを申請するのは、正当な理由が無く、単なる言い訳にしかならない…そう思っているから。

 ただ単なる床屋の客…それだけだったら、気苦労は無いのに、趣味が同じ… なんともである。

PageTop

これは何と言えばいいのか…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110529-00000106-yom-soci
「いい子に育てようと」
 その娘が死んでしまった現在から見れば、ただ単なる言い訳。この母親の意思ではそうだったかもしれないけど、母親によって両手足を縛られた娘にとっては、それがどんなに苦痛だったか。それに全裸で浴室に立たせられたときた…湯を風呂に張ってあっても、それは沸かさなければただの水になってしまうのは明確だし、ただでさえ軽い密室状態になる。この娘さんの無念を思えば、母親の言い訳なんて同情したくはない。この事件の裁判員になっていたとしても、真っ先に有罪の意見を述べるかもしれない。容疑者と同じ母親の意見や、死んだ娘さんの過去を知ってからだと、また意見も違うかもしれないけど。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000508-san-soci
無罪で通るわけがあるまい…。
「縛るという行為」自体が罪にならないかというのが曖昧なところだけど(縛った地点で『故意』なのは明らかだし、その目的から見ても有罪には見えるが、法律的見解が分からない)。それが直接の原因でなくても、結果的には縛った娘が、別の要因があるとはいえ、結果的に死んでしまったのだから、これが無罪なわけがない。この母親が無罪を主張する理由には呆れる。そりゃ、娘が母親に対して暴力行為を働いたとか、それなりの理由があったとすれば同情は出来るけど、出来て減刑するくらいでしょう…。
まず、この母親がすべき事といったら、理由は多々あれど、死なせてしまった娘の冥福をちゃんと祈る事だろう。罪を償ったうえでね…。

あくまで私見で意見を書いているので、それに対する反発とかそういうのは受け付けません。
でも、このまま母親の無罪がまかり通ったら、世に存在する「虐待」が「しつけ」という行為を前提に正当化されてしまいそうな気がして怖い気がする。なにも、真っ裸にして両手足を縛るまでやる必要が本当にあったの??

PageTop