BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

江ノ電1000形(旧)どうにかするべ…

IMGP6089.jpg
本命であった小田急10000形HiSE(VSEに製品が置き換わる少し前あたりの製品)を落札することを前提に、ついでだからと入札した江ノ電1000形(旧)。
結局、本命のHiSEを逃し(1分前に別の入札者にまんまとやられたorz)、この江ノ電だけを買うはめに…。
購入・入線後の状態がこれなのだが、通常製品だと、この江ノ電は黒シャーシと灰色車輪の組み合わせの動力車のはず。

IMGP6090.jpg
しかし、この江ノ電はグレーシャーシに黄色車輪の動力車。おまけにサウンドプラレールで灰色だから余計目立つ。
ただ幸いなのが、サウンド車両が車輪以外あまり目立たないところ。
この車両を生かす方法は4つ
1,そのまま走らせる。
2,動力車の足まわりを他の車両(同型状の黒シャーシ+灰色車輪)と交換して使用する方法
3,動力車を灰色系の車輪などを持ってきて、強引に移植手術を施工。
4,サウンド車両を黄色い車輪に交換する。

当初は1のまま在置していたが、やはり気になるところで、交換後に違和感が比較的ないEF510辺りのシャーシと交換するかとか思っていたが、思いとどまる…。
至った結果は…
4,サウンド車両を黄色い車輪に交換する。

IMGP6091.jpg
突貫工事後。

IMGP6092.jpg
サウンド車も黄色車輪に。

とりあえず、あまり違和感のない仕上がりへ。
しかしながら、江ノ電のサウンド、うるちゃい!(>_<;)

スポンサーサイト

PageTop

劇場編ではない劇場編に。


4月に終了した、プラレール劇場。
その後継作品として、(劇場編StageⅡ)『BlueRailStory~あお銀の中の日常会話~』の製作を開始。
第1話として『AfterStory~それからのあお銀~』を公開開始しました。
実質、劇場編22話として公開してもいいくらい作品は似通っていますが…
そこには、公開場所を今までの劇場編より限定するという意味合いもあったのです。

今までは、ニコニコ動画上でも公開をしていました。
(とりあえず、今まで製作した劇場編0~21話,番外編3本、コメ返し4回、あお銀通信4回は継続公開)
それらの動画を通して見えたのは、YouTubeの不特定管よりも性質悪い、ニコニコ動画の不特定感でした。ご存知の通り、ニコニコ動画は会員制の動画投稿サイトです(静画や生放送など多岐に及びますが)。会員制ともなれば、視聴者もある程度限定される。つまりは、視聴者の年齢層はそんなに低くなく、視聴するマナーとかもなっている人たちが楽しんで利用している。そういう第一印象だったのです。それよりまえに視聴者でしたから。
しかし、動画の投稿を開始し、文字通り『投稿者』となった私に見えてきたのは、不特定多数の人が利用する印象のYouTubeよりも、より不特定…つまり、視聴者の年齢層の低さ、視聴するマナーが全く守れていない視聴者が会員制の名のもとにたむろっている場所でした。やはり、投稿者と視聴者が互いにルールを守り、お互いに気分が悪くならないようにする。それが一番のマナーなのではないかと思うのですが、いかんせん、それが全然できていない視聴者がニコ動には多いのです。無論、全ての視聴者がというわけではありませんが、それが『不特定』の中に混じり、おおよその特定が出来ない以上、全ての視聴者を疑わざるを得ないのです。
 それに、ニコニコ動画の『しばり』の厳しさ。動画は最大100MBの制限がかかります。推奨はMP4で重さが40MB。この拡張子で40MB超えていると、普通の一般会員は動画の公開もできません。逆に月にいくらかのお金を払う『プレミアム会員』は、MP4で100MBまで可能です。それ以外の拡張子の動画はよくわかりませんが、おおよそ100MBと見ていいでしょう。その制限を設けているのが、あくまで動画の安定した公開なのであれば、まだ話も分からなくないのですが、その動画があまりにも安定しません。時には見れなくなることもありますし、回線が切れて途中までしか動画を読み込めていない時には、更新ボタンを押してリロードしないと見れません。
 コメントが再生中に流れる、このニコニコ動画一番の特徴、これにもまた問題があります。YouTubeなどは基本的に掲示板みたいな方式で、動画に反映されることはありませんし、ある程度人物を特定できます。
 対してニコニコ動画は、動画にコメントが反映。映像の中に流れます。このシステムを大いに利用すれば、いろいろおもしろい使い方もあるらしいですが、今回は話が別。
 このコメントの投稿のしやすさから、1人でたくさんのコメントを投稿しまくる視聴者も中にはいます。無論、それが全て悪いとかいうつもりはないですが、それが投稿者にとって『目障り』なコメントの場合。
 操作してコメントを動画上から消すことが出来ますが、それはあくまで『表面』の話。裏側には消したコメントがずっと存在し、投稿者はずっとそのコメントと対峙していなければいけなくなります。完全に抹消したくても、投稿者自身では出来ず、削除人とか言われる人に頼む必要があるそうですが、事実上期待できないのが実態でしょう。投稿者自身で『自力救済』出来ないのがニコニコ動画なのです。
 それに、コメントには投稿者が誰かと特定することが事実上不可能です。まぁ『コメント。@HN』とか、視聴者独自で打つならまだ違いますが。これではまるで、視聴者が上で投稿者が下の立場…つまり、視聴者救済の要素がニコニコ動画には多いことになります。
 対して、不特定のYouTubeはどうだろうか。あちらも不特定には変わりないですが、動画に堅実なサイトである特性上、サーバーもしっかりして動画も安定しています。なにより、動画を途中までしかDL出来ていなくて止まった場合でも、その部分で操作すれば、動画を自動的に読み込みを再開してくれます。
 それにコメント。前述のとおり、コメントはほぼ掲示板式。1人1コメントずつ程度に抑えられているし、どの視聴者が投稿したのかもわかります。なおかつ、目障りなコメントを出されても、投稿者が自力救済の名目で、削除することも可能です。無論、そのコメントを投稿した人自体も、間違ったと思えば消せます(確か…
 今の状態を見る限りでは、ニコニコ動画で普通に快適に動画を見られる保証が無いのが、実情です。かという自分は、自身の作品とかを見る際には、コメントを一切表示しない状態にして見ています。
 それに、プラレール物語シリーズの界隈では未だに迷視聴者・迷投稿者がたむろし、暴れまわっています。その中に自身の作品を出すことが、ほとんど自殺行為に近い…そう思わざるを得ないのです。少しも改善されないあの界隈に動画は出したくはありません。一部の分かってくれる人には見てほしいという気はするのですがね…。
 なので、BlueRailStoryはニコニコ動画上には公開しません。そういう状況を作った迷視聴者・迷投稿者には、『再び動画が公開されることを願う』書き込みをされるより何より、この界隈の荒れた状況をなんとかして(少なくとも、自身が少しでも改善すること)行動で示すことをしてほしいところ。

PageTop

ついつい手にしてしまった新車(3)

DSCF8220.jpg
左:たのしい列車シリーズ『E231系みどりの山手線』
右:ドア開閉E231系500番台山手線(通常品)
ドア開閉機能などは、ほとんど変わりなし。

DSCF8226.jpg
サウンドプラレールの製品の歴史は、この2つの電車から始まった。
E501や207など、後発でサウンドプラレールとして発売された車両も多かったが、いずれも長く製品化されずに、少なからず後継車両にバトンタッチして絶版・販売終了している。
E501系⇒E531系常磐線(サウンドなし、中間ダブルデッカー)
207系⇒321系⇒287系(サウンドなし、連結機構付き)
E231総武線及びJR東海313系は継続して発売中。新幹線除いて、JR東海車は313系だけ。サウンドN700も西日本仕様車ですし。
223系がついに2013年2月に、後継225系に置き換えられて絶版。ついにJR東日本直流近郊型電車のエース、E231系(1000番台,0番台総武線)とJR東海313系、そして江ノ電1000形に限られている。

DSCF8227.jpg
中間車にサウンド機能をまとめ、編成を固定しない形で製品化した画期的なもの。製品として割高感は否めないけども。

DSCF8228.jpg
東海道線新旧交代。
しかし、横須賀線一部列車の湘南新宿ライン化によって余ったE217を編成組み換えと帯を変更の上で東海道線に3本45両が転属した車両。その後、横須賀線の運用増に伴い、東海道線にE233-3000を新製配備して、2本は横須賀線復帰、1本だけ活躍…だったはず。そんなレア車両をプラレ化するとは…と驚いたE217湘南色(東海道線)。
ついに置き換え、E233湘南色へとバトンタッチ。ダブルデッカーもしっかり引き継ぎ。

DSCF8230.jpg
新旧近鉄バトンタッチ。
まさかデビューまもないしまかぜを製品化するとは…。
代わりにアーバンネクスト絶版…寂しい。
アーバンプラスと違って金型共通で出来たものではなく、専用の金型で造形がよかった。
それだけに残念なのよね…。

DSCF8222.jpg
今回導入した6編成。しまかぜはさっそく、何かに使いました(何かって?撮影です。何の撮影化は内緒です。

大人気ないなぁ自分。こんな大人買いをして…。

PageTop

ついつい手にしてしまった新車(2)

DSCF8204.jpg
次にきた車両。
いずれも発売は最近なんですけどね…;

DSCF8209.jpg
E233系湘南色。
帯を湘南色にし、ダブルデッカーを挟む。
この車両の製品化に伴って絶版した、E217系湘南色のダブルデッカー(の製造ライン)をそのまま流用…なのでしょうかね?

DSCF8207.jpg
以外にも、製品化されたのはつい最近なのですね…。
久々のディーゼル機関車の登場です。
北海道で活躍する、JR貨物のディーゼル機関車、DF200レッドベア。
訳すと…赤熊?いかにも北海道らしい通称というかなんというか…

DSCF8208.jpg
EF210と同じような顔つきながらも、なかなかいかつい顔をしている。箱型ディーゼル機関車としては久しぶりのようですね。

DSCF8210.jpg
並び。極めてアンバランスですなぁ…
E233湘南色は、先に発売されたE233系中央線、E233系京浜東北線、プラレールSHOP限定品のE233系京葉線と同じ車体脱着式で、従来の方式であるが、DF200の方は最近の車両では主流の、前車輪の辺りがふたになっていて、ネジを外して電池を奪着する『台車脱着式(?)』。この仕様の機関車はEF200で体験済みでした。

DSCF8211.jpg
そして、最後…

DSCF8212.jpg
まずは楽しい列車シリーズ『E231系みどりの山手線』
山手線に103系が走り出し、その塗装であったウグイスカラーが山手線の色として定着して、本年で50周年。それを記念して、現在山手線の主であるE231系500番台1本を103系風に塗装したという特別車両。
プラレールでも製品化されていたのを知ってだいぶたち、ようやく購入となりました。この顔はE231系一族では一番好きなのよねw

DSCF8214.jpg
違和感が仕事してんのかしてないのか。でも、こういう記念と相もなかなか斬新に見えるのかもしれない。

DSCF8215.jpg
そして2月に絶版となってしまった223系新快速。
当初はE231系みどりの山手線だけの購入の目的が、ふと目にはいった格安の車両。絶版車なだけに値段が下げられて売られていた。ついつい飛びついてしまった。大人気ない。とりあえず、2本目の223系入線ということで。

DSCF8216.jpg
実車とに似通わないが、プラレールではこれが223系。それっぽい顔にして作られたこの車両。そして、一番最初に発売されたサウンドプラレールの1車種(2車種のうち、もう1車種はE231系近郊電車)。

本当に大人気ない。でも後悔はしていない。

PageTop

つい手にしてしまった新車…その1

ついつい手を出してしまうもので、ふいとYahoo!ショッピングに手を出したらそこまで。
3つの仲介業者(おいおい;;)から、合わせて6車両の導入をしてしまいました。

DSCF8189.jpg
まずは1組目…

DSCF8191.jpg
D51形蒸気機関車(200号機)。C57の走行不可による廃車のため、代替車両として導入。
…というのは大義名分。
実際のところ、この車両は『再購入』に近い。

DSCF8192.jpg
↓消えているのが
DSCF8193.jpg
ライトが点灯するだけで、充分生き生き。

あお銀の前の鉄道で保有してたんですよねD51.炭水車が無い代わりに貨車2両連結というおかしな仕様で(笑
だいぶ前から、ちゃんと炭水車を連結し、客車を1両連結という仕様にされているようで。ライト付というのは変わりないですが、本物に少しでも近づけ、安全性を考慮して、車体脱着式ながらもツメを外す方式ではなくねじで固定という仕様。元の型に近いながら、いろいろ変わってますね。

DSCF8198.jpg
実際のところ、目的はこっちでしたのw

DSCF8199.jpg
こんな特急、近鉄にはいなかった!
観光特急という面では、23000系伊勢志摩ライナーが近いのかなぁ…
というわけで、近鉄50000系しまかぜ

DSCF8200.jpg
再現された中間車はダブルデッカーではないのは少し残念ではあるが、両先頭車の作りはなかなかのもの。しまかぜ特有の先頭形状、大きな窓はしっかり再現されています。編成的には、1、2、6というところでしょうか。

DSCF8201.jpg
そして非常口?と思われる貫通扉があるのもまた特徴のしまかぜ(プラレールや外観だと少しわかりづらいですが)。サメというかイルカというか…どっちが似ているのだろう(関係ない

DSCF8202.jpg
ミスマッチだなぁww

PageTop

この動画を上げた理由

今回は劇場編のことを、少し話させていただくとします。
ただ、全体的に気分の良い話ではございませんので、目障りと思う方はスルーして結構です。


この動画を出したのはニコニコ動画上で、同じように劇場編を公開しているYouTubeには公開していません。内容的には『劇場編Stage2の製作を取りやめる』というもの。簡単にいえば、公開しないことを宣言する動画です。
この結果に至った理由は、ほとんどは動画でお話ししましたが、やはり目障りなコメント(話はそっちのけのコレクション視聴目的、話とは関係ない実際の世界の事柄など)の乱雑、界隈の状態がひどくなったこと、それが大きいのです。昔は本当に平和だったのにね…。
出来るだけ多くの人には見てほしいが、そういうコメントをまき散らすような視聴者、界隈で問題を発生させてきた多くの問題児に、自分の動画を見てほしいと思えなくなったのが、劇場編17話で出した、終了の告知を出す結果になったのです。この時には、現在この文章を打っているパソコンの性能に波があり、調子悪い時が多かったので、新しいパソコンへと振替…という感じもあったのです。突然終了よりは、予告を出す方が視聴者的にも納得するでしょうしね。そして、新PCでの動画編集が可能となった暁には、新たな動画をという気になっていたのです。
 ところが、予告編の後に出した18話、19話、20話(特別編)、21話(最終話)も、やはり前例にもれずコレクション視聴目的などは乱発。とんでもなく『カチン(♯`Д´)』と来るコメントも多かった。動画上では、その場にいない車両に代走させたら?とか、過去の作品を何も見ずに何を言うか(怒)というコメントが本当に多く。
…この辺りは、ニコニコ動画で『あお銀通信Vol3』を見ていただければおわかりかと思う。
コメントを返さなかったけど、17話もしこたまひどいコメントあったのよねぇ…非表示にしてあるけど。
19話が多少は平和で、20話はコレクション視聴目的コメント大乱発。それこそねぇ、今投稿されているコメントの約半数近くを占めてましたよ。
come2013061020-2.jpg
逆に『ご苦労なこった( ´Д`)=3』とも言いたくなる。
そりゃあ、JR東日本の新幹線のプラレール持ってなきゃ作れなかったけど、自分は自慢するつもりで出したわけではない。たんに車両とかを見ていて話が思い浮かんだ。だから撮影して、話を作ったというだけだ。
持ってないから「ひがみ」という意味でコメントしてんのかねぇ…知らんけど。
今まで動画を登録させてもらっていて、且つ自分も大きく関わってきていたコミュニティが解散。それより前に、その動画(劇場編)を作るきっかけになっていた動画作品が全て公開中止となるという、全盛期から現在の衰退期まで見てきた自分にとっては、本当に目を覆いたくなる事態になったのは事実。
その遠因を作った問題児が、少なからず自身の動画を見ているのも事実。なおかつ、引き離しても尚関わろうとするしつこさ。完全に嫌になった。Twitterで互いにブロックしているのであれば、少なくとも関わりたくないというのが建前でしょう。その問題児の1人は、それでも自身の動画をブックマークに。無理に外させることもないとは思いましたが、いくら態度を見せろと言っても結局はあいまいで返事も返さず。ついにブチ切れて全ての動画のブックマークを外させるに至った。そいつが登録したという通知が本当に鬱陶しい…。過去に多く問題を起こしたりして、ニコ動上でもYouTube上でもそいつのアカウントはブロックしてあるのです。実質、ブロックしても意味無いみたいですが(ただフレンド登録とかができなくなるとかそういうだけで)。
 それにニコ動の最たる特徴が『動画に流れるコメント』でしょう。今ではそのコメントすらも鬱陶しく、自分の動画を見る時には、全てのコメントを表示させない設定にしないと見れません。
 なので、コメント多発をあまり起こさない、動画の質などもしっかり保証されていて、なおかつ自身の自力救済(頭に来るコメントを抹消できる,コメント投稿者を特定)ができる、そして堅実な姿勢を保っているYouTubeにての公開のみに絞ることに。ニコ動はあちこちに手をつけすぎる故か、動画の安定は夢のまた夢。金銭を払っているプレミアム会員ですら、生放送などが出来ないとその特権を十分に活用できないという不遇っぷりです。
 動画の重さの制限も厳しい(それがまだ、動画を安定してのアップロードを可能にし、視聴時の乱れなどが一切出ないようにするためだったらいいが)こっちで、これからも動画を出す気になることは多分ありません。
 YouTubeを見れなければ、今後は見れなくなってしまいますが、まぁ大丈夫でしょう。会員でないと見れない動画サイトではないみたいですから。

PageTop

【速報?】マジですかいな・・・

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB-KF-02-HD300-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A/dp/B00DDE18YM/ref=sr_1_1?s=toys&ie=UTF8&qid=1371124653&sr=1-1&keywords=%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB+KF-02
まだ公式からは出ていませんが、速報として…(リンク元:Amazon)
KF-02 EF66-27が絶版し、新たに同じ番号でHD300ハイブリッド機関車が製品となるようです。ついに長きにわたって単品車両の一端を担っていたEF66が単品車両として幕を下ろすことになります。
これもまた時代の流れなのでしょうか。個人的にはEF200辺りが来るかと思っていたのですが、どうも違うようで…。仕方のないことですね。
旧仕様の15号機(製品は単純な『EF66』)、更新塗装の12号機、特急塗装の11号機(製品が27号機に改番される前の製品)、3両編成製品のS-60『EF66電気機関車』で、2次更新塗装の54号機という布陣が在籍するあお銀ですが、やはり27号機…二ーナの存在は気になる。まだまだ販売なども先ですが、本当であれば真剣に導入の検討もしなくてはですね…。やっはり、EF66-0番台は特急塗装だと思うのですわ(´ω`) 2次更新塗装は特急色を意識しているようだけども、やはり物足りない感がある。完全な特急塗装を纏う唯一の現役の0番台、27号機。機になる存在であることには変わりないのです…。

PageTop

何気ない何気ない

IMGP4046.jpg
新旧211系を並べて、上空写真ぽく撮る(使いまわしすいません

IMGP4047_20130410193518.jpg
もう少し新211系のフロントのオレンジが薄くても個人的にいい気がするんだけどなぁ…
…いや、写真に影がかかっているから、余計に暗く見えるだけか。
自分は旧211系のスタイルの方が好きな性質である。結局のところ、複数が在籍している車両だと、この211系は3編成とも新車導入である(3車種いるE233のうち1車種…5000番台は間に個人を挟んでいるので、新車とは呼べないが、未開封・未使用であることを考えれば、新古車…新車とも言えるか)。

IMGP4059.jpg
そして、絶版になってしまい、せっかくの新規金型も終了したアーバンNext.2008年に新規金型が起こされ、それまでのアーバンライナーPlusを置き換えて製品ラインナップに乗り、本年にしまかぜに置き換えられて絶版。この出来栄えは素晴らしいと思ったんだけどもねぇ…
通販で1編成買ったのだが、少し前に電気屋へ行ったら在庫処分で1本だけ格安の値段に下がって売られておりもう1本導入。2本あってもまたいいですからにゃ(何

ここまでは雑談。
実は記事を起こした理由はまだある。


動画はYouTube盤で引っ張ってきたが、問題なのはニコニコ動画の方。
ニコニコ動画の界隈で目立ったのが、視聴者のマナーが悪いこと。劇場編20話及びあお銀通信Vol3までになるが、コレクション視聴目的と思われるコメントが多重に投稿されまくったり、荒らしとしか思えないコメントも散見されていた。それに、界隈の動画作品の投稿者でもマナーが悪いのがいる。視聴者にしても投稿者にしても。
無論YouTubeでもいないわけではないが、コメントした人を特定できるうえ、投稿されるコメントもあまり多くない。そのコメントにしても、削除というものが投稿者権限で出来るのだ。
それに比べてニコニコ動画は、表から消せるが、裏…つまり、投稿者しか見れない裏側にはきっちり残っている。つまりは荒らしと散見されるそういうコメントに、裏だけとはいえにらめっこし続けなければいけないのだ。
そこがニコニコ動画の性質が悪いところだ。おまけにYouTubeとくらべれば動画投稿にも時間や制限かかかったり云々…。
 話はそれたが、ニコニコ動画に投稿した同じ動画に出されたコメント次第では、継続して公に公開することを検討していた。しかしながら、今やニコニコ動画上に公開する気すら失う。公に公開するとは言っても、恐らくはYouTube上のみということになろう。あっちはあっちで性質の悪い投稿者もいるが、界隈的につながりもないのでそれで良しとする。今までの動画はこのまま継続公開とはする気なので…。
以上です。

PageTop