BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

飢えた狼というニックネーム

太平洋戦争末期、敗戦一方となっていた中、ある艦隊突入作戦が決行された。
米軍基地が作られていたミンドロ島のマンガリン湾へと艦隊を突入させ、輸送船団及び上陸部隊を砲撃し、作業を妨害するというものである。作戦名は『礼号作戦』。
その作戦は重巡1,軽巡1(大淀),駆逐艦6(霞・朝霜・清霜・萱・杉・樫)の計8隻の艦隊が組まれ、キスカ島撤退作戦などを指揮し『帰ろう。帰れば、また来られるから』という名言を残した木村少将が指揮官となり、駆逐艦『霞』を旗艦としてカムラン湾(ベトナム中西部)から1944年12月24日出撃、26日から27日にかけて作戦は実行された。事実上、この作戦が『日本海軍最後の勝利』といわれている。

DSCF2403.jpg
この艦隊の一隻として参加した重巡洋艦が、妙高型重巡洋艦3番艦『足柄』である。

艦暦
1925(大正14)年4月11日:起工(川崎重工業神戸造船所)
1928(昭和3)年4月22日:進水
1929(昭和4)年8月20日:竣工
1937(昭和12)年5月20日:(イギリス)ジョージ6世戴冠記念観艦式に参加。『飢えた狼』というニックネームがつけられた。
1937(昭和12)年12月11日:台湾東南洋上の火燃島で座礁の米豪華客船『プレジデントフーバー』救援に従事。
1941(昭和16)年12月10日:第三艦隊第十六戦隊旗艦となる。
1942(昭和17)年3月1日:スラバヤ沖海戦でイギリス海軍の艦船三隻を姉妹艦と共に撃沈。
1944(昭和19)年2月25日:第五艦隊第二十一戦隊に所属(レイテ沖海戦後に解散)
1944(昭和19)年12月:礼号作戦(ミンドロ沖海戦)に参加。
1945(昭和20)年2月5日:第十方面艦隊第五戦隊所属となる。
1945(昭和20)年6月8日:イギリス海軍潜水艦『トレンチャント』の雷撃により戦没
1945(昭和20)年6月20日:第五戦隊解散(5月16日にペナン沖海戦で同属の姉妹艦『羽黒』戦没により)
1945(昭和20)年8月20日:除籍

『飢えた狼』というニックネーム、名づけたイギリス側、名づけられた足柄ではそれぞれ解釈は違うものの、歴戦を戦い抜き、そして日本海軍最後の勝利とも言われた礼号作戦成功に寄与するなど、まさに狼のように活躍し続けていたのだろう。
ちなみに、姉妹艦である4番艦『羽黒』のほうが、起工及び進水、竣工(1925年3月16日,三菱造船長崎造船所で起工,1928年3月24日進水、1929年4月25日竣工)が早いようなのだが、順番が逆なのはなぜなのだろうか…。
ちなみに、この名前は現在、DDG-178『あしがら(あたご型イージス艦二番艦)』に受け継がれている。

DSCF2409.jpg
八九式12.7cm連装高角砲 台座接着済

DSCF2407.jpg
三年式2号20cm(20.3cm)連装砲5基10門 砲門装着後

DSCF2411.jpg
艦橋組み立て。

DSCF2413.jpg
機銃部分など。

DSCF2410.jpg
特徴的な煙突部分。

DSCF2412.jpg
細かい機銃部分は気を使います…。

DSCF2415.jpg
船底に錘を装着して、いよいよ本体に部品を取り付けていく作業に突入。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

痛車ミニカー(ハピネスチャージ)

IMGP0086.jpg
Before

IMGP0091.jpg
After
今までキュアフォーチュンのシールが手に入らなかったのですが、玩具菓子?のプリキュアネイルシールのハピネスチャージ版を買い、全員版が出たので貼り替えました。

IMGP0092.jpg
IMGP0093.jpg
既に絶版して結構立つ、NSXとシビックTYPE-R
まだまだ在庫のあるシビックですが、NSXはそうはいきません。今でもリサイクルショップの売り場へ行くと、迷わずNSXを探します。完全にダメになったら、別の車両を検討するしかありませんね。とにかく白地車体が基本(のスポーツカーとか)。

PageTop

姫キュアたちがやってきた

…とはいっても(GO!プリンセスプリキュアの)プリキュアコーデドールですが。
DSCF2384.jpg
5月で絶版となった北越急行681系はくたか号のプラレールを確保するのと同時に、コーデドールも同時に通信販売(駿河屋)で購入。しかし、なぜきらら(キュアトゥインクル)の人形だけが高かったのだろう…。あとの2人は800円前後でしたが、きららに関しては1180円でした。他の店で探せば、きっと安く手に入ったでしょうが、同じ場所から3人同時に…が基本です。
ハピネスチャージ版は変身パターンのため、普通のプリキュア状態とパターン(例:キュアラブリー=チェリーフラメンコ)でしたが、プリンセスプリキュアに関しては、普段の姿(例:キュアフローラ=春野はるか)と着せ替えさせられるようです。基本的にプリキュア状態のまま固定ですが。

DSCF2386.jpg
キュアフローラ(春野はるか)

DSCF2388.jpg
キュアマーメイド(海藤みなみ)

DSCF2390.jpg
キュアトゥインクル(天ノ川きらら)

全体な印象で見ると、やはり髪形をそのまま再現は難しいようで、ある程度短い仕様になっています。それでも最低限再現するであろう特徴的な部分は、ちゃんと再現してありますし、定価1200円の女児向け玩具、着せかえ出来たり、別売りのプリキュアハウスを買えば使える仕掛けもあるとのことなので、十分な出来なのではないでしょうか。
プリキュアオールスターズを人形で全員集合させられるようになって嬉しかった、昨年のプリキュアコーデドール発売。

DSCF2392.jpg
『つめたい檻に閉ざされた夢、返していただきますわ! お覚悟は、よろしくて?』
この登場文句は、プリンセスね♪(何
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/5769/himitsu/precuremaku10.html
毎度おなじみとなっているネタ幕も作りました。慣れていれば簡単なのですが、PCを変更して初めて作ったので、仕様を決めるのが大変…かなり適当な作りになってしまった感じが否めない…。

PageTop

新旧京急プラレール(600形ブルースカイトレイン)

DSCF2359.jpg
京急グッズのビニール袋も素晴らしいデザインです。

DSCF2360.jpg
新1000形アルミ車のプラレール発売の1ヵ月後、続くように600形ブルースカイトレインも発売されました。やはり鮫洲駅のおとどけいきゅうの店舗や、京急電鉄の店舗まで行かず、おとどけいきゅうの通販で購入。

DSCF2362.jpg
ブルースカイトレインは2100形及び600形で1本ずつ。それでも2本買う。なぜかといわれると、こまるけど…。

DSCF2364.jpg
空をイメージした真っ青な車体がまぶしいブルースカイトレイン。

DSCF2367.jpg
新1000形と同様、600の切込みが入ったワイパーカバー。旧製品が発売されていた際の600形にはなかったが、数年の後に変更となったようだ。
編成は606-1~606-8(実車のブルースカイトレインと同じ車番)
種別・行き先はエアポート快特 羽田空港行

DSCF2371.jpg
左の旧製品からの変化を比較して見ましょう。
600の切り込みがワイパーカバーに入ったことから、KEIKYU BLUE SKY TRAIN の文字とマークが車番の上へ移動している。ライトについては、新1000と同じタイプに変更されており、フロントウィンドウの灰色も違っている。

DSCF2370.jpg
ライトに関しては、旧製品のほうが実車的に近い感じがするのは、自分だけですかそうですか。

DSCF2373.jpg
写真では分かりづらいが、屋根の灰色も若干違い、新製品のほうが薄い灰色のような…。

DSCF2374.jpg
窓の色も、新製品のほうが薄い。
ブルースカイトレインは元から灰色車輪を履いている分、多少の変化しか見受けられないようにも見える。

DSCF2376.jpg
左側の2車両が新製品、右側2車両は旧製品。

DSCF2377.jpg
(新)新1000、(旧)新1000、(新)600KBST、(旧)600KBST
様々な変化があるのかもしれないが、自分が見つけられた変化はそんなところです…。
600KBSTは2車両いるわけではないので、ありえそうでありえない並びなのでした。

PageTop

新旧京急プラレール(新1000アルミ車)

京浜急行電鉄(京急)は、オリジナル製品として多くの車両のプラレールを製作し、通信販売や駅の売店などで発売している。京急2100形はサウンドプラレールとし、シーメンス製GTO-VVVFインバータ(ドレミファインバータ)の音を忠実に再現するなど、気合の入りようがうかがえる。
そんな中、新1000形の1編成(1057~1064)を西武鉄道の黄色い電車に準じた塗装に塗り替えて『KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN』として運転したことをきっかけに、この黄色い京急新1000『KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN』を模したプラレールを発売。これに関しては早々に売り切れてしまい、手に入れられなかった。
その金型を有効活用するかのように、京急は再び新1000アルミ車と600形ブルースカイトレインを再び発売した。
新1000ステンレス車は新動力で製品化されたが、京急新1000『KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN』及び新1000形などは、再度旧動力で製品化された。アルミ車体の車両で製品かなのだから、以前の金型と動力を流用でいいという判断なのだろうか。

DSCF2350.jpg
実際のところ、京急鮫洲駅にある店舗で購入するのがベターなのだろうが、自分は時間の都合上でいくことはできず、いけたとしても売り切れている可能性は高い。なので、通信販売での購入とした。
先に新1000形。

DSCF2351.jpg
大きな特徴としては、旧製品は黄色車輪だったものを灰色車輪にしてあるところ、種別・行き先がエアポート急行・新逗子行になっているところなど。

DSCF2354.jpg
編成は1025~1032編成。

DSCF2355.jpg
旧製品(奥)と比べてみる。

DSCF2356.jpg
旧製品は黒幕で快特 羽田空港行
新製品は白幕でエアポート急行 新逗子行
ライトも、運転席上部のが、旧製品が赤く、新製品が黄色、下部も違いが。

DSCF2357.jpg
塗装も若干違いがあり、旧製品は真っ赤なのに対し、新製品は現役で走っている中で少し色あせた赤になっている。そして、窓に関しても、旧製品が濃い灰色、新製品は薄い灰色になっている。じゃっかん、屋根に関しても色違いなのだが省略した…。

PageTop