BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

東京紀行

2009年8月7日…
早朝、急にむずむずして目が覚めた。
「そういえば、最近電車を撮ってないし、乗ってもいない…。」
臨時列車の撮影とかもいろいろずれていけなかったし、移動手段も無いから家業(素直に蜜柑農家と書かんかい)の手伝い以外は…な状態。むしろ、家業に拘束されて外出する機会は全然なく…。
思い立って急に外出してしまった。

まずは地元始発のバスに乗り沼津駅へ。自宅から近くのバス停までは距離も離れているので自転車で来て、カギで厳重に盗難防止。
沼津駅到着後は、とりあえず横浜駅までの切符を買い電車を待つ。

E231(沼津)
やってきた東京行の普通電車に揺られて、一路熱海駅へ。

伊豆急8000系(8004F??)
熱海駅でE217とかE233を期待していたがおらず、伊豆急線と伊東線が共用する1番線へと行き、停車していた8000系電車を撮影。都会でかつて走っていた東急8000系も編成が短くなり、いろいろ改造されながらも田舎の鉄道へとやってきて、以前より(?)のんびりと乗客を運んで走っている…だろうか。

熱海駅4・5番線ホームにある蕎麦屋の天ぷらうどん
朝食代わりに熱海駅ホームに会ったお蕎麦屋さんへ入り、天ぷらうどんを食べた。リーズナブル??
その後、後の東京行き電車で横浜駅へ。京浜東北線やら横浜線を撮影して京急へと乗り換える。
京浜東北線E233(横浜)
横浜線205系(横浜)


横浜駅名板(京急)
品川までの切符を買い、京急線のホームへ。かなり混んでいる。横浜とはいえさすが都会だ…。それに京急線は羽田空港へのアクセス鉄道的性格を持っているので混むのも当然といえば当然なのだが。しばらく発着を眺めて過ごし、比較的空いていた普通電車へ乗車。神奈川新町で普通を降りて新町検車区を眺める。なかなか多くの車両を見ることができ、なかなか堪能できた。東京までJRで一直線で行くのもいいけど、やはり私鉄線なども使って乗り鉄を楽しまなければ。
京急新1000形ステンレス車4連(横浜)
京急1500(横浜)

IMGP1936.jpg
神奈川新町駅から旧1000形の普通に乗り京急川崎駅へ。
その途中の京急鶴見駅で通過電車を堪能。なかなか見ることの出来ないものなので、やはり新鮮ww 京急川崎駅から品川駅までは快特へ乗ったが、やはり加速度とかはすごかった。JR線と平行する距離も比較的長くてデッドヒートを繰り返すだけある。恐れ入りました(;´_`)
品川駅で何形式化の電車の到着や発車を眺めたり写真を撮ったり、京急グッズを買ってみたり。

京品ホテル
品川駅前では京品ホテルの元従業員たちが営業再開に向けて戦う旨の叫びをあげているのを聞き、カンパした。

京品ホテル
その後、偶然見かけたイベント『大鉄道博』へ行ってみようと、会場『グランドプリンスホテル新高輪』へ。行く途中で少し迷子になり気味だったのは秘密。…道とか複雑で分からんかった(大汗
入場するのに通路を歩くと、沿って敷かれているプラレールの線路が謎…企画『ウエルカムロングプラレール』だと後で知ったが…。

国鉄1号機関車?の模型
高輪駅名板(鉄道の歴史に関する展示スペースの入口)
鉄道模型1
その後は、写真やら模型とかを見ながら鉄道を知り、サークル?のブースらしいスペースで展開されている鉄道模型を見たりしながら入場券売り場にも程近い場所にある売店へ。

IMGP1984.jpg
『ウエルカムロングプラレール』が少し気になったことや、興味があるプラレールの車両もあったことから『E2系はやて&E3系こまち 連結セット』を買って、E3系を使って参加した。

IMGP1988.jpg
ただ、それのスタート地点へ行くのに迷子気味になってしまい悲しくなった。あれは少し迷路過ぎる…(普通に行けばそうでもないかもしれないけど)。

IMGP1995.jpg
その後、再び品川駅へと戻り、Suicaを使ってJRの改札をとおり京浜東北線のホームへ。やってきた209系などを撮影。

IMGP1996.jpg
続いてきた209系に乗り東京駅へ。

IMGP1997.jpg
今度は中央線のホームへと行き、E233系を撮影。本当は201系を見たかったのだが、もう運用されいないのかな…。

IMGP2002.jpg
御茶ノ水駅へも行ってみたが、総武線の電車とかが撮れた以外には面白みもなく…東京駅へトンボ。

IMGP2006.jpg
IMGP2003.jpg
一旦改札を出て丸の内駅舎を見る。所々に建設工事用の足場が組まれ、大正期だかに建てられた当時の丸の内駅舎に戻すのだそう。横の方には、東京中央郵便局の建物も何らかの工事が行われていた。結構混んでいた…。

IMGP2007.jpg

品川駅へ戻ると、駅舎内にある蕎麦屋で昼食(冷やしたぬきうどん)を食べた。その後はSuicaで改札をとおり京急下りホームへ行くと再び撮影開始。

IMGP2010.jpg
2100形(BLUESKYTRAIN)快特京急久里浜行

IMGP2012.jpg
新1000形ステンレス車 普通神奈川新町行

IMGP2014.jpg
北総鉄道7260形(京成リース車)普通印旛日本医大行(羽田空港~品川:急行)

IMGP2017.jpg
新1000形ステンレス車 快特三崎口行

IMGP2020.jpg
北総7800形(京成3700形リース車)急行羽田空港行

IMGP2021.jpg
北総9100形(千葉ニュータウン鉄道保有 旧住宅基盤公団車)急行羽田空港行

IMGP2022.jpg
いろいろな電車を見られてなかなか有意義。そうはいうが、やはり時間的に厳しいものがあり、2100形の快特に乗り品川を出発。

IMGP2024.jpg
京急川崎で2100形から降り、先行していた普通電車羽田空港始発の特急浦賀行を後ろに連結するのを見学すると、普通電車だった後に連結された新1000形に乗車。横浜駅で下車してJR線へ乗換、普通電車で藤沢駅へ。後に気付いたことだが、横浜駅から小田急線海老名駅(相模大野駅の小田原側の隣)まで相模鉄道が通っているのを忘れていた。さすがに東急線までは乗ることが出来ないものと思っていたが、多少の無理さえすれば乗れたのだろうと後悔した。

IMGP2028.jpg

IMGP2032.jpg
別にいいことなのだが。藤沢駅で小田急線に乗り換えると驚いた。小田急藤沢駅は片瀬江ノ島線のスイッチバック駅だったとは…。

IMGP2033.jpg
その後、急行新宿行きに乗って相模大野駅まで行き、下り急行小田原行に乗車。途中の区間では各停になっている点に驚いた。

IMGP2037.jpg
渋沢駅(駅名板)。鉄道むすめのキャラクターの一人『渋沢あさぎ』を思い出してとっさに撮影。既に電池切れ近かったが何とか持ってくれた。おそらく降りて『あさぎ』と書いた紙を渋沢の文字の横につければネタになったのだろうと思った。

だとすれば、1stキャラクターの1人『石田あいこ』の場合は…『愛甲石田』だかだろうが、それは忘れてしまった。小田原に到着後、JR線に乗り換えるわけだが、最後の最後は普通に切符を買った。熱海駅と函南駅ではICカード同士の連絡が出来ていないため、SuicaやTOICAも使えないからだ。

IMGP2039.jpg
その後、普通列車で熱海へ。夕飯も駅ホームの蕎麦屋でうどんを食べた。3食とも軽く済ませてしまったが、駅ホームにあるお蕎麦屋さんは何かと便利。とにかく気軽に食べれるのが利点なのですね。食事後はJR東海313系普通列車に乗って三島駅へ降り立ち、伊豆箱根鉄道線へ。切符とかの問題もあり、時間的に狂ってしまったが、とりあえずは帰還できた。

おそらく、効率の悪い遠回りだが…。結構楽しめた。こんどは、名古屋方面へ行ってみるか。

*鉄道むすめで、現在までに登場したキャラのうち3人は小田急電鉄の鉄道職員(ただし、ロマンスカーアテンダントである渋沢あさぎに関しては関連子会社の小田急レストランシステム所属)であるが、3人の名の由来はいずれも小田原線の駅であった(渋沢あさぎに関しては推測)。

vol1,石田あいこ:愛甲石田駅(神奈川県厚木市愛甲)
vol1,船橋ちとせ:千歳船橋駅(東京都世田谷区船橋)
vol3,渋沢あさぎ:渋沢駅(神奈川県秦野市曲松)

…鉄道むすめのフィギュアも結構増えてきたこのごろ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する