BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

駆逐艦と護衛艦(と、戦艦)

DSCF0394_201408220119496f2.jpg
DSCF0396_20140822011706107.jpg
8月9日前に頼んでいたものが、ようやく19日になって届いた。
(お盆だからちかたないね・・・)
次なる建造艦は駆逐艦です。やはり、戦艦だけでは面白くありませんからw

というわけで、まずは特Ⅰ型(吹雪型)駆逐艦一番艦『吹雪』を建造。
戦艦よりは部品が多少細かいですが少なめのため、艦船模型は駆逐艦の建造から入るほうがいいのかもしれませんね。つくづく、吹雪を建造してそう思いました…。

DSCF0401_2014082201171173e.jpg
いきなり完成の図。
こえだらいず(艦隊これくしょん)の吹雪と2ショット。

DSCF0404.jpg
吹雪「これが私の船・・・?(というより、艦船時代の私?)」

DSCF0412.jpg
電「なのです」
特3型駆逐艦の電(いなづま)ですが、特型駆逐艦という括りで、姉妹ともいえなくもない、吹雪と電。
埠頭からは夕張がこっちを見て、島風は何を見ているのやら…。

DSCF0421_20140822011952051.jpg
艦船『吹雪』をはさんで2ショット。
その奥から保護者の如く、金剛がこちらを見ています。

DSCF0406.jpg
金剛「私もデース!」
あろうことか金剛、入渠中の吹雪型『磯波』の装備を盗んで、吹雪型?駆逐艦『金剛雪』になりすまし、吹雪型駆逐艦に混じって出撃するというお話があります。
艦これアンソロ佐世保鎮守府編3巻P25『吹雪型家の一族(リヨ さん作)』をご覧ください。
…それでも、金剛は可愛い。

DSCF0424_20140822011954701.jpg
金剛が、自身の戦艦『金剛』と長門の間に止まった船に目をとめた。
金剛「…何の船デスカ?」

DSCF0427.jpg
コンビニで買った缶コーヒーのおまけ『自衛隊コレクション』の海…1/1182の(海上自衛隊)護衛艦3隻。
こんごう型護衛艦2隻と、むらさめ型護衛艦1隻。
こんごう型は、DDG-173『こんごう』と、DDG-174『きりしま』を選択可能。
むらさめ型は、DD-101『むらさめ』及び、DD-102『はるさめ』が選択できます。
イージスシステムを搭載したミサイル護衛艦(イージス艦)である、こんごう型護衛艦。戦艦及び重巡洋艦に使用された名前を引き継ぎ、こんごうときりしまは同じ金剛型戦艦の1番艦と4番艦から、3番艦となるDDG-175『みょうこう』は、戦後稼動不可能状態ながらも戦後まで生き残った妙高型重巡洋艦のネームシップであった『妙高』から、DDG-176『ちょうかい』は、高雄型重巡洋艦4番艦『鳥海』から。その後、イージス艦は次型としてあたご型が2隻作られ、DDG-177『あたご(高雄型重巡洋艦2番艦『愛宕』から)』とDDG-178『あしがら(妙高型重巡洋艦3番艦『足柄』から)』が、それぞれ重巡洋艦の名前を引き継いでいる。
むらさめ型護衛艦には、特型及び白露型駆逐艦の名前に使用された名称が使われており、DD-103『ゆうだち』、DD-104『きりさめ』、DD-105『いなづま』、DD-106『さみだれ』、DD-107『いかづち』、DD-108『あけぼの』、DD-109『ありあけ』全9隻のうち、105・107・108が特型駆逐艦、103と106は白露型駆逐艦に使用された名称をそれぞれ引き継ぎ、今日も日本の海を守っています。

DSCF0429.jpg
上から
DDG-173『こんごう』
DDG-174『きりしま』
DD-101『むらさめ』

金剛「私と同じ名前デス?」
1913年竣工の戦艦金剛、1993年就役のイージス艦『こんごう』
どちらも、それぞれの時代に日本という国を守るために生まれた船です。本当であれば、決してめぐり合うことのない遭遇だが、模型の世界ではこういうのもありですよね?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する