BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

今度は、ずっと、隣に・・・

DSCF0320_20140810184400ad3.jpg
写真は戦艦『金剛』
生まれた場所はそれぞれ違う、4隻の金剛型戦艦(当初は巡洋戦艦)。
ネームシップである1番艦『金剛』は、イギリス・ヴィッカース社の手により建造された。その設計図を元に2番艦『比叡』は海軍工廠、初めて民間造船所に建造をまかされる形となる戦艦として、3番艦は川崎造船所、ほぼ同じ日に三菱長崎造船所に発注・建造され、同じ日に竣工した4番艦『霧島』。

DSCF0611.jpg
群馬県の山が由来の、その名前がつけられた、金剛型戦艦3番艦の名は『榛名』。
大破着底状態ながらも終戦まで生き残った戦艦の一隻である。そして、史実では、金剛と最も行動を共にした姉妹艦であった(艦これでよく書かれる組み合わせは、主に2番艦である比叡)。

建造開始:1912年3月16日(川崎造船所) 翌日17日、4番艦『霧島』の建造が三菱長崎造船所で開始
就役:1915年4月19日(同日、霧島も就役)
大破着底:1945年7月28日(江田島湾・小用沖)
除籍:1945年11月30日
解体完了日:1946年7月1日

DSCF0612.jpg
部品の数々。28日の夕方に組み立てを開始。

DSCF0613.jpg
主砲及び艦橋、煙突などの部品類

DSCF0615.jpg
主砲を船体に取り付け、船体と船底を接着。
使用は瞬間接着剤(アロンアルファ)。
上手く使えば、これほど重宝する接着剤はないですねw

既に9隻の艦船模型を作り、同型艦である金剛を組んでいるため、既に部品取り付けなどは手馴れたもの。
前回の失敗の経験を生かし、様々な改良を加えて組み立てを進める。

DSCF0617.jpg
DSCF0618.jpg
28日時点での完成時点(29日0時過ぎ)。
既に完成に近いが、細かい部品を組むのに集中力が続かないことから、これで終了した。

翌29日は本来休みだったものを返上して午前中勤務。
帰宅後の午後に細かい部品の組み込み…最終段階の組み立てを開始。

DSCF0620.jpg
厄介なアンテナ類やら後付の砲台に苦戦するなどして、29日の午後、完成した。
最後の仕上げに、他の艦船模型の組み立ての際に余ったパーツから、菊花紋章(大)を装着。元々、榛名および金剛の模型には付属しないが、艦船模型を組むと大量に余るパーツ郡があり、菊花紋章も余っていた。そのため、戦艦の艦首にしては物足りない感じがしたために着目し、他の模型の例を参考に装着した。

DSCF0621.jpg
近代化改装を最初に施され、日本戦艦の特徴である櫓上に盛り上がった形状のマスト(パゴダ・マスト)に改められた最初の戦艦ともなった榛名は、巡洋戦艦としての竣工時は27.5ノットだった速力も、近代化改装後は30.49ノットとなり、文字通りの高速戦艦として、姉妹艦と共に名を馳せていた。

1942年2月16日、元々は第4戦隊として同じ戦隊所属であった金剛型戦艦4隻は、金剛・榛名、比叡・霧島でそれぞれ別の部隊に配属となっていたが、ジャワ作戦参加の機動部隊に4隻そろって編入された。その出撃が、4隻そろって出撃した最後の戦いとなってしまう。

同年11月13日、ガダルカナル第2次作戦に参加していた2番艦『比叡』戦没、同月15日に4番艦『霧島』戦没。

残った金剛と榛名は、1944年10月のレイテ沖海戦に栗田艦隊の一員として出撃。
敵軍空母を撃沈するなどの功績を挙げたが、敵軍航空機などの攻撃によって大破し、修理のために帰還する途中に、金剛が敵軍潜水艦の魚雷によって11月21日戦没。最後まで残った榛名は修理後に第2艦隊第1戦隊に編入されたものの、既に出撃できるだけの燃料がなく、武装の大半を取り外されてしまい、主砲を偽装された上で、江田島湾の小用沖に浮き砲台として係留、その場所が最期の場所となってしまった。
1945年7月28日の呉軍港大空襲により、ついに大破着底。既に砲塔の一部しか動かない状態となってしまった榛名には、もう戦う力も残されてはいなかった。
8月6日の広島に原爆が落とされた日、恐らく、榛名にはその原爆を落とす敵軍機、そしてあの雲を見たのであろう…。
最後まで空をにらみ続け、31年以上を戦ってきた戦艦は、1945年11月30日に除籍され、46年7月1日に解体が完了。江田島沖から、その戦姫の姿が消えたのであった…。

艦船の一生は波瀾万丈。それでも与えられた使命を全うすることが、艦船にとっては幸せなのだろうか。
…そういうことを、艦船模型を組むことによりきっかけとし、そして調べてみることによって艦船を知る。そして、そこにまた魅力を感じること、それもまた一考…。そう思うのでした(何 

本題の意味…

DSCF0622.jpg
DSCF0624.jpg
そして、現在に姿を現した榛名は、姉妹艦の名を引き継いだ自衛隊護衛艦『こんごう』及び『きりしま』に護衛され、新たな配置場所となる、峰ヶ崎へと回航された。

DSCF0629.jpg
同じ自衛隊護衛艦『むらさめ』も、後ろから護衛。

DSCF0638.jpg
そこに待つ、先に建造された姉妹艦『金剛』の隣に係留。
(手前から、榛名 金剛 長門 分かりにくいが、長門の隣には、軽巡洋艦『大淀』が並ぶ)

DSCF0635.jpg
煙突部分などに違いがあったり、金剛の際には取り付けをあきらめた部品及び艦載船を、榛名には搭載。

DSCF0636.jpg
展示板もこのように。
一番奥には、米軍潜水艦『デイス』が引き上げられた魚の如く展示中(何

たまたま買った雑誌『知られざる日本海軍軍艦秘録』という本を買い、金剛などの記事を読んでいくうちに、いつかは模型艦船でだけども並ばせたい、そういう何かが決意させ(?)、同様に気になった艦船であった青葉と共に模型を購入。
(それでも、艦これの影響は否定できませんね。姉妹艦という愛おしくなる組み合わせは、まさしく艦これ至高。)
青葉の竣工日が近かったことから、青葉のほうを先に組み立てた。
(まず、艦これのキャラの青葉を知らなかったら、青葉をはじめ、艦船を知るきっかけにはなりませんでしたね)

DSCF0632.jpg
姉妹艦が並ぶ光景というのは、実に素晴らしい(何
いつかは、比叡や霧島も模型艦船を組み、金剛型戦艦4隻を揃えて、並ばせたいところです(遠い悲願

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する