BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

軽量で重武装

この艦船が建造された1920年代は、日本は不況の時代であり、その中でも海軍予算の逼迫により、求められたのは艦船建造費の節減にあった。当時の球磨型軽巡洋艦などの5500t型艦と比べて、建造費が安くなる3100t型艦として設計、その小柄な船体に5500t級と同じくらいの武装を詰め込んだ設計とされ、計画されていた長良型軽巡洋艦4番艦の予算を使って1隻だけ試作されることになり、1922(大正11)年6月5日、佐世保海軍工廠にて建造が開始された。

DSCF1506.jpg
その艦船の名は『夕張』である。
様々な新機軸を取り入れられたこの艦船は、世界中の海軍からも注目されるほどであった。
塔型の艦橋、2本の煙突を屈曲させて上部にまとめた形の誘導煙突、そして、それまでは艦後部に設置されていた士官居住区を艦橋直下に設置するなど、夕張で初採用されたこれらの構造は、後に建造された日本海軍艦艇の標準となった。
また、この艦のコンセプトであった『軽量で重武装』の構造は、古鷹型重巡洋艦などの設計の礎にもなった。

軽巡洋艦『夕張』艦暦
1922(大正11)年6月5日:建造開始(佐世保海軍工廠)
1923(大正12)年3月5日:進水
1923(大正12)年7月31日:就役
1923(大正12)年9月1日:関東大震災発生。戦艦『霧島』などと共に、品川方面での救援活動を行った。
1923(大正12)年12月1日:第三水雷戦隊旗艦に就役。以降も水雷戦隊旗艦を多く務める。
1943(昭和18)年11月24日:輸送作戦任務中、米軍機の攻撃により損傷。翌年に修理・武装強化改修
1944(昭和19)年4月27日:東松船団旗艦として輸送作戦従事後、米軍潜水艦『ブルーギル』からの雷撃で航行不能。
                 駆逐艦『五月雨』により曳航、乗員を駆逐艦『夕月』に移乗、パラオ諸島南西で戦没。
1944(昭和19)年6月10日:除籍

DSCF1507.jpg
初となるタミヤ模型製のウォーターラインシリーズ。

DSCF1508.jpg
部品の数々。

DSCF1510.jpg
煙突やら艦橋やら主砲部分やら…。

DSCF1512.jpg
大まかだが形になってきた。

DSCF1513.jpg
艦載船などの設置。艦前部に艦橋のある構造などは駆逐艦などと似通ったものである。

DSCF1515.jpg
ほぼ完成に近づいてきた。

DSCF1517.jpg
艦前部。

DSCF1518.jpg
横から見るシルエットもなかなかかっこいいのだ。

DSCF1521.jpg
完成の後、進水。

DSCF1519.jpg
正面より。

DSCF1520.jpg
コンパクトにまとめられている重武装も、魅力的。

DSCF1525.jpg
夕張(艦娘,タカラトミー製 こえだらいず02 艦隊これくしょん-艦これ-)と初対面。

DSCF1527.jpg
2ショット?
艦これ界では『メロンちゃん』とも言われる夕張。北海道の夕張川から名づけられた艦名と、名物である『夕張メロン』からそう呼ばれるのであろうけども、その可愛さとかで人気者…のはず。キャラクターとして製品化されているのが何よりの証拠。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する