BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

日本の海と空を守り続けた36年

その名を継ぐ艦船としては、明治期の金剛型コルベット2番艦、太平洋戦争時に他の戦艦とは違って奮闘し続けた金剛型戦艦の2番艦、それに継ぐ3代目となる。その艦船はヘリコプター3機の搭載運用能力を最大の特徴とし、当時の海上自衛隊最大の護衛艦として、先に登場した同型艦であるDDH-141『はるな』ととも30年余りもの間、日本の海と空を守ってきた。

IMGP0023.jpg
海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦DDH-142『ひえい』である。

海上自衛隊護衛艦DDH-142『ひえい』艦暦
1972年3月8日:起工(石川島播磨重工業東京第2工場)
1973年8月13日:進水
1974年11月27日:就役。
同日付、第1護衛隊群隷下に第51護衛隊が新編され「はるな」とともに編入、横須賀基地に配備。
1983年3月30日:第51護衛隊廃止。第1護衛隊群直轄艦となる。
1984年3月30日:第4護衛隊群に編入となり、直轄艦(旗艦)となる。
1987年8月31日~1989年3月13日:FRAM改修実施。
対潜捜索能力、個艦防空能力、戦闘指揮・情報処理能力、電子戦能力が向上した。
1995年3月2日:第4護衛隊群司令部が呉基地に移転。それに伴い、呉に転籍。
2011年3月16日:退役。就役期間36年3ヶ月、航行距離・地球約44周分、航海時間・約7万9千時間。
10月頃に広島・江田島へと回航。
東京と小笠原を結ぶ目的で建造され、一度も旅客運行に使用されないまま廃船処理された高速旅客船『SUPERLINER OGASAWARA』とともに肩を並べて係留されていたが、2013年12月頃に解体された。現在でも江田島に、SUPERLINER OGASAWARAの係船として、ひえいの船体の真ん中部分が現存しているようである。


IMGP0024.jpg
部品内容。

IMGP0025.jpg
甲板部品と73式5インチ単装速射砲 2門、アスロックSUM8連装発射機等。

IMGP0028.jpg
最上部甲板室。

IMGP0026.jpg
上部構造物

IMGP0030.jpg
砲台部分

IMGP0031_201503221812496b0.jpg
船体及び船底部分。

IMGP0032_201503221812498bb.jpg
先端部分。

IMGP0034_201503221812513ab.jpg
上部構造物の取り付けを開始。ヘリ格納庫などを兼ねた甲板類の設置を完了。

IMGP0037_20150322181253224.jpg
アンテナ類を設置。徐々に完成が近くなってきた。

IMGP0038_20150322182903f24.jpg
完成し、峰ヶ崎へと回航。
復刻された日本軍艦の中に1隻、復刻護衛艦とも言うべき船が姿を現したのである。

IMGP0039.jpg
全容。

IMGP0043.jpg
搭載ヘリコプター。
AH-1 対戦車ヘリ・コブラ及びCH-47 輸送ヘリ・チヌーク。
本来このキットには、後1機、SH-60J/K対潜ヘリコプターも付属しているが、組み立てに失敗して廃棄してしまった。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する