BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

さよなら愛しの列車たち…2012年3月16日

この日は、自分にとっては一番思い出したくない日。
沼津~(小田急)新宿を結んでいた特急『あさぎり』の区間縮小に伴う、沼津~御殿場の運転終了。そして使用車両の変更に伴うJR東海371系と小田急20000形RSEの引退。3月17日以降は、小田急電鉄の単独運転・片乗り入れ体系へと戻り、増備が進められている60000形MSE6両編成へと統一。平日3往復、土日祝日などに1往復増発というダイヤ形態へと変わる。
その後、371系は沼津運輸区で長い休暇…もとい留置されているのをたびたび目撃したりと…。
そして、東海道・山陽新幹線からの300系引退。山陽新幹線に残っていた100系新幹線も引退に…。
他にもいろいろトピックがあったのかもしれませんが、自分が知っていた範囲だと…それくらい。

DSCF4019.jpg
沼津運輸区に待機しているRSE。
もうすぐ、3番線に入線して、特急あさぎり4号新宿行となる。

DSCF4021.jpg
この表示も、今日で終わりか…

DSCF4020.jpg
幼少時、御殿場にあった父方の実家から見えたり、父方の祖母や父に手を引かれて、御殿場線のすぐそばまで連れて行ってもらったりして、よく見た特急あさぎり号…それが20000形RSEであり、いつか乗ろうと心に誓っていた特急でもあった。なぜかJR371系は見た記憶があまりなかった。

DSCF4023.jpg
いつものように見られた、この表示も見納め…。
付け加えれば、特急あさぎり自由席のりば の表示板も。

DSCF4026.jpg
白い車体(スペリアンホワイト)に、窓周りと裾部分のオーシャンブルー、そして窓下及び裾部分のオーキッドレッド(ピンク)のカラーリングが美しいRSE。見慣れたこの顔ともお別れと思うと、本当に寂しい気持ちは募る。もう、乗れないのだ…。

DSCF4027.jpg
この並びも見納めに…。

DSCF4032.jpg
7両編成の優雅な編成。
悲しいことに、御殿場線内の乗車率は低く、自由席のあるこの区間、空席ばかり目立ってて…。

DSCF4040.jpg
いよいよ発車…ヘッドライトが点灯する。

DSCF4042.jpg
RSEが沼津駅を発ってゆく… 自分のRSE見納めはここまで。すぐさま移動を開始。

DSCF4043.jpg
三島駅新幹線ホームへ。
到着したころ、ホーム先端には親子連れが集まっていました。
しばし雑談。どうやら、保育園や幼稚園を「300系を見送りに行く」と休んだ子もいたようです。数日前から先生に言ってあったのだそうな。

DSCF4044.jpg
しばし700系を撮影。
停車中、猛スピードで来る列車の音が聞こえて構えたらN700だったり、非常に…

DSCF4051.jpg
700系こだま号が発車してゆく。

やがて、列車が猛スピードで近づいてくる音が聞こえて、東京方を見たら300系が。
「来ましたよ、300系」
 自分が合図するような形になり…
「あっ、本当に来た」
 親御さんたちもカメラを構える。
 やがて、300系J57編成『のぞみ329号』が通過。
 堂々と『300系のぞみ』として、最後の雄姿を見せてくれました。
 
 …ただ、この後の空虚感が半端ないほど。
 改札出るとき、そこで同じように見送っていた男児の1人が泣きじゃくってて、その母親は困り果ててた様子で…
 自分は声をかけることもできなかった。あの時の自分もきっと、ギリギリで堪えていたのだろうから…
 (自分がテレビで0系のラストランを見た時もそうだった。100系が東海道から引退していたのを知った時もそうだった。そして、その数年前に113系や115系、特急東海号の見送りに行った時も…。大切な何かが消えていくような気がして)
 …今でも思い出すんだ。もう4年前のことなのにね。そして、一人目頭を熱くして、涙ためている自分がいるんだ。

 慌てて在来線ホームまで行って沼津駅に戻る。
 DSCF4056.jpg
 ホームライナーの案内。371系があさぎり号の運用を終えてから、今度はホームライナーとして浜松までロングラン…知らなかった。朝早くからずっと運用され続けていて、そして検査とか修理の時以外は休むこともなかった…大変だっただろう。
(後日知ったのですよ。その運用を…)

DSCF4058.jpg
 来る列車を手当たり次第撮影して、時間をつぶす。

DSCF4061.jpg
 入線案内放送が流れる。今日までの日常。

DSCF4073.jpg
 到着した、特急あさぎり3号沼津行。午前8時ちょうどに沼津を発ったあさぎり2号の折り返し便。
 
DSCF4076.jpg
 沼津運輸区へ引き上げる371系
 …まだまだあさぎり号の運転はあるのだが、自分はこれで引き上げた。

 …最終列車を見届けるのは、自分には無理だった。

 DSCF4080.jpg
 こののりば案内も、今日までだな…。

DSCF4081.jpg
 オレンジカード発売のお知らせ。

DSCF4086.jpg
 …買いました。いまだに使えません。

 DSCF4093.jpg
 後日、沼津駅に行ったら、特急あさぎり号の案内はすべて消えていました。空しく残る跡が哀愁を誘います…。

 …そのあと、2014年8月にRSE(旧20002編成7両→3両)が富士急で8000形『フジサン特急』としてデビュー。
 2014年11月30日付で371系が現役引退。ここで悲しみのどん底に落ちることになります…。
 2014年12月15日に正式に371系が富士急行に譲渡されることが発表。近い将来、同じ線路の上で再会し、今度は同じ会社の車両として、そして二大看板特急として走るという、予想以上にうれしいサプライズに心が躍り…。
(今年の春に、富士山ビュー特急なる列車に改装。8500系としてデビューする模様です。)
当初はフジサン特急同士、同じ特急名を名乗って、同じようなカラーリングで走行するものと思っていた。しかし、富士急のプレスリリースで出た371系改装後の姿『富士山ビュー特急』は、前歴を真っ向から否定するようなカラーリング(強いて言えば、既存の富士登山電車の進化版?)。JR九州の車両及び富士急6000系(元JR東日本205系)や1000系富士登山電車のデザインを担当した水戸岡栄治氏の手によってデザインされ、フジサン特急との2枚看板となりえる列車へと生まれ変わる。今度は同僚となり、そして富士急行の2大看板として活躍していってくれることを祈るのみです。

 …それでも、やっぱり2012年3月16日は、今でも一番思い出したくない日です。 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する