BlueCastle

私リフィアが日頃思うことなどを書いているブログです。

いろいろと(3)

DSCF2053.jpg
DSCF2055.jpg
水浦海岸鉄道発足前より保有しているコンテナ貨車。EF210とともに中古購入されていた。

DSCF2060.jpg
タンク貨車タキ243755。リサイクルショップで購入当時は片方しか車輪がなく、導入後に別の車両から車輪を拝借して交換して運用していた。現在では車輪が取り外され、燃料タンクとして使用されている。いわゆる達磨状態…。

DSCF2069.jpg
JR西日本683系しらさぎ。
現在683系では、元北越急行683系8000番台SREが、このカラーリングを纏っています。
現在の特急しらさぎは、元々『はくたか』として運用されていた681系『SnowWing』及び北越急行681系2000番台及び683系8000番台『SnowRabbitExpress』で運転されています。元々使用されていた683系は、交流対応機器を使用停止措置を施されたうえで289系電車となり、南紀白浜系統の特急『くろしお』や北近畿系の『こうのとり』などに使用されています。

DSCF2065.jpg
嘗ての中央線の主であった201系。
中央線にE233系0番台が増備され、置き換えられた編成のうち一部が京葉線へ転属し、E233系5000番台に置き換えられるまで活躍していました。1編成は中間電動車ユニット1組を南武線の編成に転用するために休車する編成(205系ケヨ21)の運用を置き換え、もう1つは列車増発に伴う車両不足補填のために1編成(ケヨ23⇒武蔵野線M66)を転属させるための穴埋めに転用された編成など…(その辺は迷列車…東京迷ループをご参照ください)。
モーター車編成は見たことあったが、最近になってゼンマイ車の編成が製品化(新旧通勤電車編)。
…買ったはいいものの、ゼンマイが見事な外れ製品。力不足を露呈し、3両編成では全然走ってくれません…。
最近のゼンマイ車は『へっぴり腰』なのかよ??

編成の移り変わり…参照:東京迷ループ第2話『今、再びの変化へ』
(南武線6連+元京浜東北線中間車4両⇒中央・総武線ミツ14⇒京葉線ケヨ21⇒休車後VVVF改造実施、武蔵野線M36)
(ヤテ15⇒京葉線ケヨ23⇒武蔵野線M66⇒横浜線H28⇒廃車後、インドネシアへ輸出)

DSCF2071.jpg
当たりはずれの多いこと、ゼンマイ車…。
編成で買えたことは、有難いというしかないのですが。

DSCF2076.jpg
『みどりの山手線50周年SP』の103系。

DSCF2077.jpg
同じシリーズのものと思われる205系中間車。

DSCF2078.jpg
2両編成であった第1編成に組み込まれ、3両編成となった。区別点は『ありがとうHM』となる。

DSCF2082.jpg
その後開催された撮影会にて。
103系と205系、山手線車両同士が並んだ。

DSCF2087.jpg
103系山手線。

DSCF2088.jpg
205系山手線第1編成。この増備により、第2編成と共通運用を組めるようになった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する